奈良美智展

c0150269_19152108.jpg

豊田市美術館で開催されてる『奈良美智展』に行って来ました。

奈良さんの作品は、これまで紙面でしか観た事ないんですが
何で人気があるのかわからなかったんですよ。
だから今回、どうして人気があるのか、理由を探りに
実物を観に行きました。


実物を前にして思った事、それは
イラストじゃなくて絵画なんだなって事です。
そして色使いが美しい!
コレは写真では伝わらないなぁ、
絶対、実物を見るべきだなぁと思いました。


目(眼球)の表現も多彩で、ジ〜〜〜っと見てると
その奥に広大な空間が広がってる様な感覚になります。
宇宙を感じるっていうんですかね・・・。


何かに似てるな〜この感覚。。。と思っていたら気付きました。
仏像を前にしてる時の感覚に近いんです。
仏像を見つめてると、
結局自分自身と向き合う事になるあの感覚。
見終わった後は、まさにお寺を参拝し終わった時の
少し心が浄化された様な気分になりました。

私だけですかね〜、こういう感覚。。。



c0150269_19151780.jpg

↑あ〜〜〜素晴らしい眺めの豊田市美術館。谷口 吉生氏設計です。




c0150269_19153880.jpg

美術館の吹き抜け空間にあるジェニー・ホルツァーのインスタレーション。
電光掲示板にメッセージが流れております。

c0150269_19154245.jpg

英語だと「かっこいいな〜」だけの感想しか浮かびませんが
日本語になると一気に惹きつけられ、じ〜っと読んじゃいます
なかなか、ハードボイルド!?な短文が流れます。


❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎


奈良さんは、音楽を聴きながら創作されてる様で
今回、学生時代に聴いてた数々の曲が
会場中に(1階のみ)やんわり流れてました。

またその曲が、私の琴線に触れる曲が多く
気分良く鑑賞する事が出来ました。





❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎

今回のアート飯は、うどんづくしでした。

c0150269_19160423.jpg
きしめん亭の「なすおろしきしめん」。
小さい写真で見たとき、
てっきり焼きなすがのってるんだろうなぁ〜と思ったら
素揚げしたなすでした。


c0150269_19160116.jpg
私の名古屋メシの定番「角丸」の味噌煮込みうどん。
ほんとはエビ天付けたかったけど
胃の調子を考えて、トッピングは玉子だけに。
あ〜〜やっぱり美味しいわ〜。
大阪に出店してほしいなぁ〜。

❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎

[追記]

「名鉄豊田市駅」で下車してから美術館まで
無事にたどり着けるかな〜と心配だったんですが
駅を降りるや至る所に
「豊田市美術館→」のサインがいっぱいあって驚きました。
これじゃ、迷いようがない!!
いやぁ、助かりました。





[PR]
by namihei-dobryden | 2017-08-16 22:04 | Art & Design | Comments(0)
<< テオ・ヤンセン展 ファウンダー〜ハンバーガー帝国の秘密 >>