カテゴリ:映画&ドラマ☆道楽( 114 )

ファウンダー〜ハンバーガー帝国の秘密

c0150269_19282874.jpg
『ファウンダー〜ハンバーガー帝国の秘密』  2016年 アメリカ ☆☆

【内容】
マクドナルド・コーポレーションの創業者
レイ・クロックの伝記ドラマ。
1軒のレストランを世界最大規模の
ファストフード・チェーンにした彼の辣腕ぶりや苦悩を描く。

* * * * * * * * * * * * *

シネリーブルにて鑑賞。

何なのよ!このレイ・クロックって男は!
要するに、マクドナルド兄弟から全て奪い取ったんじゃないか!!
人のアイデアをかっさらって
さも自分の功績の要な振る舞いにヘドが出る!
どこまで忠実に描枯れているか分からないけど
この映画を見る限り
腹立たしくてしょうがない!!

劇場を後にする頃には、レイ・クロック役の
マイケル・キートンも嫌いになってたよ!ちょっと。

それにしても、今では普通の事が(ハンバーガーを紙に包むetc.)
当時は斬新なアイデアだったのだな!
“皿を使わない”なんて画期的な事だったのだ!

映画のエンドロールに
レイ・クロック本人が登場するんだけど
コレがいかにも傲慢な感じで
益々ムカついて
もうマクドなんか行くもんか!
なんて思ったりもしたけど・・・
翌日には出勤する前にコーヒー買っちゃうんだから
私も大概である。


❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎  ❤︎


で、今のハッピーセットはミニオンズだ。
c0150269_23102334.jpg


映画も公開中だからか
近頃、街を歩けばこの黄色い生き物だらけだわ。


c0150269_23102675.jpg

[PR]
by namihei-dobryden | 2017-08-11 23:10 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(2)

歓びのトスカーナ

c0150269_17281411.jpg

歓びのトスカーナ』  2016年 イタリア・フランス合作 ☆☆

【内容】
緑あふれるトスカーナを舞台に
診療施設を抜け出して
行き当たりばったりの旅に出た二人の女性が
次第に友情で結ばれていく姿を描いた人間賛歌の物語。

* * * * * * * * * * * * *

シネリーブルにて鑑賞。

この監督の前作「人間の値打ち」が面白かったので
新作も見に行って来ました。

それにしても、今年はバレリア・ブルーニ・テデキスづいてるわ〜。
彼女の出演映画を立て続けに見ております。
べっぴんさんじゃないけど、な〜んか魅力あるんですよね〜。

で、感想ですが
二人の女性の友情育み物語な訳ですが
なんか、その育まれてゆく過程がすっごいあっさりしてた様な・・・。

えっっっ!!!
いつの間にそんな仲に!?て思っちゃいました。

今作もテデキスさんはパワー全開です。
精神を患っている役なんですが
もう憑依しちゃってて凄みがありすぎました。

今後もテデキスさんを要チェックして行こうと思いました。




[PR]
by namihei-dobryden | 2017-07-30 17:51 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

ムーンライト

c0150269_12242728.jpg

『ムーンライト』  
2016年 アメリカ ☆☆☆

【内容】
マイアミを舞台に自分の居場所と
アイデンティティを模索する少年の成長を、
少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描き、
第89回アカデミー賞で作品賞ほか、
脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞したヒューマンドラマ。

* * * * * * * * * * * * *

ステーションシネマにて鑑賞。

作品賞か〜〜。
にしちゃ、ちょ〜っと弱い気もしたんだけどね。

少年・青年・大人の時代を3人の俳優で演じてるんだけど
この3人が良かった。目がいいのよ〜。
悲しみをやどした目と言いますか・・・。
ですが、もうちょっと
いろんな「事件」が起こって欲しかったのが本音。
心の揺れが見えずらかった〜。

大人になった彼が
いきなり屈強な男(見た目だけですが)になってて驚いた。

このポスターはよくできてる!
3人がひとりに!スゴイわ〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2017-05-14 12:45 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

LA LA LAND

c0150269_13392269.jpg

『LA LA LAND』  
2016年 アメリカ ☆☆☆☆

【内容】
売れない女優とジャズピアニストの恋を、
往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスで
ロマンチックな歌とダンスで描く。

* * * * * * * * * * * * *

ステーションシネマにて鑑賞。

これぞアメリカ映画!王道!

私はミュージカル映画や舞台は(そんなに観ないけど)
内容がムムム!?でも
曲が良かったらソレでイイって人なので
この映画も何も考えず楽しく観れました。

主役の男優さんがどうも受け付けない・・・
タイプの方だったんですが(友達も同意見でした)
まぁソレも良しとしましょう。

誰の人生にも『たられば』はつきものですが
ラスト、主役二人の『たられば』がロマンチックに繰り広げられ
ソコが見せ場ですかね〜。
本当だったら二人はこうなってたんじゃないか・・・
どこでどうして、こうなっちゃったんだ・・・

ありますよ、あります。誰にだって。。。
そこが観客の共感を呼ぶんでしょうかね。

もう一回観に行こうかな〜って思ってます。
曲、聴きに。
[PR]
by namihei-dobryden | 2017-05-06 13:59 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

午後8時の訪問者

c0150269_23104635.jpg

『午後8時の訪問者』  
2016年 ベルギー・フランス合作 ☆☆☆

【内容】
ある日の夜、診療受付時間を過ぎた診療所のドアベルが鳴るが、
若き女医のジェニーはそのベルに応じなかった。
しかし翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、
その少女が助けを求める姿が診療所の監視カメラに収められていた。
少女はなぜ診療所のドアホンを押し、助けを求めていたのか。
少女の死は事故なのか、事件なのか。
そして、ジェニーはなぜドアホンに応じなかったのか。
さまざまな疑問が渦巻く中、
ジェニーは医師である自身の良心や正義について葛藤する。

* * * * * * * * * * * * *

テアトル梅田にて鑑賞。

びっくりする程、静かな映画。
音楽一切なし。
エンドロールでさえ流れなかった。
効果音!?と言えば、車が走り抜ける音だけ。
静かだし、見せ場!!みたいなシーンもないのに
めっちゃ集中して見れた、不思議。
[PR]
by namihei-dobryden | 2017-04-22 23:23 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

The NET 網に囚われた男

c0150269_15572059.jpg

『The NET 網に囚われた男』  
2016年 韓国 ☆☆☆

【内容】
事故で北朝鮮と韓国の国境を越えたために
理不尽な運命にさらされる漁師の姿を通し、
弱者が犠牲となる現代社会の闇をあぶり出した社会派ヒューマンドラマ。

北朝鮮で妻子と平穏な毎日を送っていた漁師ナム・チョルは、
ある日の漁の最中に網がエンジンに絡まり、韓国側へ流されてしまう。
韓国警察に身柄を拘束された彼はスパイ容疑で激しい拷問を受け、
韓国への亡命を強要されながらも、
妻子のもとへ帰りたい一心で耐え続けるが……。

* * * * * * * * * * * * *

テアトル梅田にて鑑賞。

キム・ギドク監督の最新作。

あれれれ、キム・ギドクらしさがないんだけど。
普通の映画になっちゃった。
こんなに「まとも」じゃ、これまでギドク映画を観てる者としては
ちょっと物足りないかな〜〜〜。
題材が題材なだけに、こう描くしかなかったのかな。

自由=幸せ
とは言い切れませんが、
選択する権利が普通にある事のありがたさを
やっぱり実感するわけです。。。
[PR]
by namihei-dobryden | 2017-03-05 16:06 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

スノーデン

c0150269_2157160.jpg

『スノーデン』  
2016年 アメリカ ☆☆☆

【内容】
アメリカ政府による個人情報監視の実態を暴いた
元CIA職員エドワード・スノーデンの実話を映画化。
2013年6月、イギリスのガーディアン誌が報じたスクープにより、
アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的監視プログラムの存在が発覚する。
国を愛する平凡な若者だったスノーデンが、
なぜ輝かしいキャリアと幸せな人生を捨ててまで、
世界最強の情報機関に反旗を翻すまでに至ったのか。

* * * * * * * * * * * * *

ステーションシネマにて鑑賞。

すっごいヒーローみたいに描かれてます・・・スノーデン氏。

ネタバレになります↓↓↓

最後、本人が登場するんですよ〜〜!!
え〜〜、そんなのあり〜〜!?と思っちゃいました。
ちょっとした演技もしてるし!?

ドキュメンタリー作品じゃないんだし
それまでスノーデン氏に似せて演じていたジョセフさんが
本人登場によって一気に忘れ去られるというか・・・。

にしても、もう世の中
プライバシーなんてあったもんじゃないですね。
遠く離れた所から、勝手にパソコン起動できちゃうんだから・・・。

スノーデン氏の彼女がアメリカを捨て、
スノーデン氏のいるロシアに行った事は初めて知りました。
すごいな〜と関心しながらも
今後別れた際、彼女はアメリカに帰れるのだろうか???
と心配になりました。
[PR]
by namihei-dobryden | 2017-02-07 22:14 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

グレート・ミュージアム

c0150269_19235689.jpg

『グレート・ミュージアム』  
2014年 オーストリア ☆☆

【内容】
ヨーロッパ三大美術館の一つとして知られ、
2016年で創立125周年を迎えるウィーン美術史美術館。
2012年から大規模な改装工事を敢行した美術館の
改装から再オープンまでの舞台裏に密着したドキュメンタリー。
館長をはじめ、清掃員、運搬係、美術史家と、
美術館に携わるスタッフたちの一人一人が美術品と共存しながら働き、
最高の形で展示する姿を映し出していく。
解説、インタビュー、音楽を排したダイレクトシネマの手法で構成。

* * * * * * * * * * * * *

シネリーブルにて鑑賞。

ん〜〜〜、もうちょっと面白いかな〜と思ってたんだが・・・。
実際行った事ある人だともうちょっと楽しく見れたのかもしれないが・・・。

館全体が、再オープンへ向けて奔走していく中
定年退職を迎える人が、淡々と私物を段ボール箱に詰めてるシーンが
なんか切なくて良かったです。

何せ大きいわ、ココ。
いつか行ってみたい。
[PR]
by namihei-dobryden | 2016-12-31 14:07 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

人間の値打ち

c0150269_1614298.jpg

『人間の値打ち』  2013年 イタリア ☆☆☆☆★

【内容】
ひき逃げ事故をめぐって交錯する3組の家族の人間模様を描き
イタリアのアカデミー賞といわれる
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の7部門で受賞したサスペンス。
登場人物の欲望が複雑に絡み合うさまを通して、
金と人間の関係について問い掛ける。

* * * * * * * * * * * * *

テアトル梅田にて鑑賞。

すんごい見応えありありですよ、この映画。
面白かった〜〜〜。
役者が全員良かった。
もう一回観に行こうかな〜〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2016-11-06 18:54 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

エル・クラン

c0150269_19312751.jpg

『エル・クラン』  2015年 アルゼンチン ☆☆☆☆

【内容】
アルゼンチンで起こった事件を映画化し、
第72回ベネチア国際映画祭で
銀獅子賞に輝いた犯罪ドラマ。
平和な街で多発する富裕層だけを狙った
高額の身代金誘拐事件をきっかけに、
ある裕福な一家に隠された秘密が描かれる。

* * * * * * * * * * * * *

シネ・リーブルにて鑑賞。

大好きなペドロ・アルモドバルが制作している
という事だけで見に行った。
やっぱり彼が「いっちょかんでる」作品は面白いね〜。

しかも、しかも、コレ「実話」って言うじゃないか!!!驚き!
アルゼンチン人なら、誰もが知っているという大事件。
裕福な人を誘拐して、身代金で生活する家族・・・。

ラスト、息子のとった行動が衝撃だったわ。
もう一回見たいわ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2016-10-09 18:30 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)