<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

♪Curly Giraffe

c0150269_21512010.jpg
『Ta-dah』
Curly Giraffe
☆☆☆☆

GREAT3高桑さんのソロプロジェクトの2nd。この前BEST盤が出てるのをタワレコの店頭で発見し視聴。イイッ!!と思ったがソレは買わず聴いて無かった2ndを購入した。(ベスト盤がエイベックスから出てるのが気に入らなかった・・・と言う理由もある。)ほんと、イイですよ〜〜〜高桑兄さん!優しい空気が満ちてる〜〜〜〜。やっぱり私は“C&A”より“Curly”派だな。

※このCDを購入した日、めずらしくJ-POPゾーンで長居した。Curly GiraffeとキリンジとTOKYO NO1 SOULSETの新譜をそれぞれ視聴したから。で、結果はCurly Giraffeの圧勝だった!
その後洋楽ゾーンでRoger Joseph Manning Jr.の新譜も視聴もしたが、やはりCurly Giraffeの圧勝だったのだ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-30 21:53 | 音楽☆道楽 | Comments(0)

よっしゃ!奈良へ行こう!

古都奈良へ久しぶり行ってきた。興福寺の国宝館で阿修羅さんと東大寺の戒壇院の四天王像(特に広目天)を見るために・・・。
c0150269_17521724.jpg

           興福寺入り口階段から猿沢池を望む。

c0150269_17525271.jpg

写真右、興福寺東金堂。ココかなり落ち着く。中央にいらっしゃった薬師如来さんに健康を祈願する。それにしても、あっさり国宝級がズラっと並んじゃってるんだね〜。スゴイね〜〜〜。
写真左、国宝館。もう名前が国宝ですからね、ハズせないでしょう。いやぁ〜〜、あまりの錚々たる顔ぶれに目が泳ぐ泳ぐ。そして、何故か“大きな地震がきたらど〜〜しよう”と急に心配になる。私に心配されるまでもなく、しっかり対策は考えられてるんだろうけど・・・。そして、今日の目的の一つ阿修羅さんと御対面。
c0150269_1818637.jpg

やっぱりスターですね〜〜。皆、かじりついて観てる!!
それにしてもなんて華奢なんだ!!全く筋肉がない二の腕!よくそんな細腕で激しい戦いをしたもんだ!ましてや、草履を履いてるではないか!ソレでは動き辛いでしょうよ〜〜〜と、心の中でブツブツ言う。最後はショップでしっかり阿修羅葉書ゲット。

c0150269_18232731.jpg

  氷室神社の桜。皆、写真撮るのに必死!!もちろん私も!あ〜〜キレイね〜。

c0150269_18281041.jpg

そして東大寺へ。あ〜〜やっぱりカッコイイ!何度観てもシビれてしまう大仏殿。私の中ではNO.1の建造物!(外国も含め)

c0150269_18304162.jpg

     桜ナメで1枚パシャリ。ちょっと構図が気に入らない・・・・・。

c0150269_18315559.jpg

c0150269_19198.jpg

やはりすごい沢山の人だった、大仏殿!ココでも皆写真撮るのに必死!涼し気な顔して座ってらっしゃる毘盧遮那仏さま、騒々しい私達も観てどう思ってらっしゃるのかしら・・・。ココでは中国&韓国人団体旅行客のパワーに圧倒されるね。。。

c0150269_1836571.jpg

写真左、東大寺戒壇院。目的2つめの四天王がいらっしゃる。大仏殿とはうって変わってすごく静か。落ち着く〜〜〜。そして御対面した四天王はリンとしてて素敵だった!
中でも広目天さんのこの知的なお顔!かっこい〜〜。もう恋だよ、恋。
c0150269_18395862.jpg


写真右、東大寺法華堂。ココは足を踏み入れた瞬間、オ〜〜〜〜っと思わず声が出た。スゴイ迫力!チームプレーだね!!

c0150269_18462013.jpg

そしてココでもまた“大きな地震がきたらど〜〜しよう”と急に心配になる。法華堂はすごく気を感じたな〜〜〜。必見!

c0150269_18491830.jpg

           二月堂も相変わらず素敵だな〜〜。
c0150269_18501895.jpg

           二月堂から奈良市内を望む。絶景。

あ〜〜〜よく歩いた一日。体はギスギスになったが、いいものに沢山触れた目と心はランランだ♪さぁ、次は何処行こう〜〜〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-30 19:05 | 寺社めぐり | Comments(2)

『見仏記 4』親孝行篇

c0150269_12325089.jpg
『見仏記 4』親孝行篇
いとうせいこう
みうらじゅん 著
☆☆☆☆

【内容】
ますますパワーアップして見仏の旅を続ける、いとう&みうらの仏友コンビ。ひょんなきっかけで、みうら&いとう家、またある日はいとう&みうら家という、それぞれの両親との見仏の旅「親見仏」が実現。親も一緒ではハプニング続き。ときには盛り上げ、ときには仲裁に励む二人。いつしか見仏もそっちのけで、親孝行の意味に思いを馳せて…。仏像との関わりもどんどん進化していく、二人の心の周遊記。

* * * * * * * * * * * * * * *

あ〜〜〜〜〜〜〜〜面白かった!! 湖東と小浜には“良仏”がいっぱいだ!!
行かねば!!!(即身仏もちょっと見てみたい・・・・気もする・・・)
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-27 12:39 | 読書☆道楽 | Comments(0)

『見仏記 3』海外篇

c0150269_12513654.jpg
『見仏記 3』海外篇
いとうせいこう
みうらじゅん 著
☆☆☆☆

【内容】
見仏熱が高じに高じて、とうとう海を越えてしまった、二人組。韓国では山の上にある寺を目指して急な石段を腿上げ運動でしのぎ、タイでは閉所&高所恐怖に耐えながら狭く暗い壁の中を進む。中国ではえんえんと夜汽車に揺られ、降り損ねればどうなるかわからないような場所を進み、炎天下のインドでは一体の仏像を見るだけのために揺れのひどい小型車で往復十六時間の移動をする。常識人なら絶対やらない苛酷ツアーを、ただただ仏像を見るだけのために敢行してしまった、仏像中毒者コンビが放つ、大好評シリーズ、第三弾。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

あ〜〜〜面白かった!!灼熱のインドはやっぱり“彼岸”だね。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-25 12:55 | 読書☆道楽 | Comments(0)

♪Cheryl Lynn LIVE at Billbord Live

c0150269_1248386.jpg


『デビュー・シングル「GOT TO BE REAL」がビルボードR&Bチャート1位を記録、70年代末、一躍スターダムへ登りつめたディスコ・クイーン!』らしい・・・。よく知らなかったが招待だったのでLIVEに行ってきた。恐ろしく恰幅のいいおばちゃんの登場に会場は沸いた!!バックコーラスの4人もノッケからおしりフリフリでノリノリ(死語か?)だ!で、ここで思う。楽器の音がでっかすぎる〜〜〜〜っ!耳をツン裂くくらい大きいのだ。難聴気味の私ですらそう感じるのに皆はど〜〜〜だったのか??楽器のボリュームが大きい割にボーカル音は小さい・・・。Billbord Liveでは初めての経験(BLUE NOTE時代も含め)。LIVEの内容は良かっただけにソコがちょっと残念無念。
そして、ラストナンバーはやはり「GOT TO BE REAL」だった!1曲ヒットがあると何年でも食べていけるもんなのか・・・・と、かつてのディスコ・クイーンに演歌魂を感じた。

ここのフライドポテトは美味しいな〜〜〜〜〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-24 12:49 | 音楽☆道楽 | Comments(0)

♪The Shanghai Restoration Project

c0150269_141079.jpg


c0150269_1414768.jpg
The Shanghai Restoration Project
『Story Of A City』
☆☆☆☆

去年から愛聴しまくってたThe Shanghai Restoration Project。
在米中国人のデヴィッド・リャン氏のソロプロジェクト。(だと思う・・・)
久しぶりにHPのぞいたら、新譜が出てた!!慌ててiTMSでポチッと購入。いやぁ、前作と比べたらかなりPOPS仕様で聴きやすい。とは言え、エンヤ風あり、胡弓の調べが美しいインストあり、はたまたグレゴリアン聖歌風ありと雑種感満載。今回も捨て曲ないね!!!今の所のヘビーローテーションは『Preface』『Voices』『Last Night Of The Dynasty』『Call Me Home』『Afterword』『Acknowledgements』かな。
あ〜〜〜〜〜〜〜素敵!


c0150269_158510.jpg
The Shanghai Restoration Project
『The Shanghai Restoration Project』
☆☆☆☆

始めてThe Shanghai Restoration Projectの存在を知ったアルバム。『Miss Shanghai』を視聴してノックアウトされたのだ!このアルバムはタイトル通り上海の街からインスパイアされて創られてる。まるごと上海!!しかも夜の上海!ロマンチック上海!しつこい!ってくらい上海臭が充満。今まで上海興味なかったけどこのアルバム聴いてたら無性に行きたくなるんだよね。ある意味、親善大使だよ。『Pearl Tower』は中でもツボ。何度聴いてもテンション上がる!
あ〜〜〜〜〜〜〜素敵!
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-20 02:12 | 音楽☆道楽 | Comments(0)

ノーカントリー

c0150269_124770.jpg

『ノーカントリー』
2007 アメリカ
☆☆

【内容】
狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シュガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベル(トミー・リー・ジョーンズ)は、2人の行方を追い始めるが……。


* * * * * * * * * * * * * * * * * 

ぺらっぺらだ〜〜〜。なんか、薄っぺらかったんですけど、この映画。コーエン兄弟フリークの私ですが、ん〜〜〜〜この“でき”にはちょっと不服。
相変わらずのスタイリッッシュな映像は素敵なんですがね〜。登場人物が降って沸いた感じっていうか、即席人間ていうか、主人公の男達は40代・50代くらいでしょうが40年、50年生きて来た!って感じがしないんですよね、全く。。。だから、取る行動に信憑性がないんだよな〜。『ファーゴ』はその辺りもちゃんと描かれていてリアリティーがあって良かったのに・・・。コーエン兄弟!次作は『ファーゴ』級の良作をよろしく!
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-20 01:22 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(2)

ルーマニア・マンホール生活者たちの記録

c0150269_12421754.jpg
『ルーマニア・マンホール生活者たちの記録』
早坂 隆著
☆☆☆☆

【内容】
チャウシェスク体制崩壊後のルーマニアでは、ストリートチルドレンの一部がマンホールでの生活を強いられていた。著者はマンホールに単身乗り込み、シンナーを吸ったり、結婚し、子どもまでつくっている生活の様子を取材した。弱者どうしのいがみあい、彼らをさらに追い立てる社会の非情さなどを浮き彫りにした傑作ルポルタージュ。

* * * * * * * * * * * * * * * *  

去年の元旦、EU加盟に湧くブカレストの街の映像をNEWSで見たけど、その裏にこんな現実があろうとは想像もしなかったな。共産主義だと一部の特権階級だけが甘い蜜を吸え、資本主義になったら強い者が増々いい目を見る・・・。結局、政治がどう変わろうと“弱い者は弱いまま”って言う現実があるんだな。独裁者チャウシェスクは公開処刑されたけど、いつか北の独裁者キムさんにもそんな日が来るかも・・・。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-19 12:51 | 読書☆道楽 | Comments(0)

リスがお気に入り

c0150269_23382985.jpg

      近所のカフェの看板犬。リスのぬいぐるみで一緒に遊んだのだ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-10 23:41 | Comments(0)

芝生でゴロゴロ

c0150269_23284435.jpg

↑に行って来ました。恐ろしいまでの蔵書の数!漫画好きにはたまらないでしょう。
c0150269_2330491.jpg

庭では、この様な光景が・・・。読みたい漫画を何冊か持って中庭で日向ぼっこしながら読書....。なんて平和な光景なんだ!!!!
※ワインならぬ、まんがのソムリエみたいな人が居てくれたらもっと楽しめるな。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-10 23:36 | 読書☆道楽 | Comments(0)