<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

目覚めのオレンジ

c0150269_13202392.jpg

ベランダのクンシラン(君子蘭)。朝、コーヒー飲みながらこのオレンジを観て眠気を覚まします。眩しいくらいオレンジ。自然の色は偉大ですな〜。

◎ヒガンバナ科の多年草。細長い葉を群生し、その中心から伸びた茎の頂に、
 赤や黄色の花をつける。アフリカの原産。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-04-26 13:29 | Comments(4)

わただま

c0150269_22302799.jpg

朝、会社までの道のりでタンポポの綿玉発見!あらあら、かわいい〜〜ッ!
ゆらゆらゆれて、どこいこ〜〜〜〜〜〜〜〜♪
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-04-25 22:31 | 寄り道 | Comments(2)

たくさんのふしぎ

c0150269_16581343.jpg
『たくさんのふしぎ〜あみださま大修理』
宮村田鶴子 文
牧野良幸 絵
☆☆☆

【内容】
どの町にもお寺があります。そしてお寺には、大切に伝えられてきた仏像がおさめられています。あるお寺のあみださまは、長い年月を経るうちに汚れたりこわれたりしてきたので、修理されることになりました。あみださまをていねいに運び、つくられ方をよく見て、少しずつばらばらにして・・・・・・。慎重に慎重に修理されていきます。修理をする人は、どんな思いで、どんなふうに修理をするのでしょう。

* * * * * * * * * * * * * * * 

このシリーズは大人もしっかりためになるな〜〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-04-15 23:50 | 読書☆道楽 | Comments(4)

AM5:00 闘いのゴングは鳴った

休みだと言うのに、午前5時に携帯のアラームで起床。そして5時46分発の電車に乗っていざ京都へ!目的地は鞄屋『一澤信三郎帆布』!!!とにかくすごい人気みたいで、定番商品以外は早く行かないとスグ品切れになるらしい。9時オープンなんだけど、8時の時点で店前に30人の行列が出来る!と情報をゲット。『こりゃ、何としてでも早く行かねば!!』となって、この度午前5時起床の運びとあいなった。
あ〜〜、ね〜〜む〜〜〜。

予定通り、午前8時に店に到着。警備員のおっちゃんが居た。
c0150269_219855.jpg

↑こ洒落た看板に出迎えられる。いいね〜〜〜〜、コレ。
で結局、女性が1人並んでただけで私達は2番目の座をゲットした。一時期のブームはちょっと落ち着いたのかも知れないな。以前は1人2個までの購入と決まっていたけど、今は5個までOK。(5個って・・・・、そんなに買う人いるのか?と思ったけど、居るんだね〜〜〜、5個持ってレジに向かうおじさんをこの目で見た。)

c0150269_21191739.jpg

ペッチャクッチャ喋りながら待ってると“鞄のれん”が登場!テンション上がる!振り向くといつの間にか20人くらい並んでる!鼻息も荒くなる!
午前9時、開店!客が一気に雪崩れ込む!まさに、バーゲン会場さながらの熱気!皆各々目的のモノへ向かって直進。私のお目当てはリュック。でも沢山の商品を目の前にしたら『あ〜〜、コレもいいな、アレもいいな』と気が散漫に。で、とにかくイイ!と思ったものは全て手にし、それからゆっくり考るゼ!作戦決行。ふと友達を見ると、友も沢山鞄を抱えてて可笑しい。で、アタフタ、アタフタして結局最初から買おうと思ってたリュックに決定。
c0150269_2133417.jpg



←コレです。
コレ実は3WAYで、紐の付け方を変えればリュック・トート・ショルダーと3通り使えるのです。ほっほ〜〜〜〜って感じです。





店から出て時計を見る。まだ9時半!早い!とにかく、お疲れさま〜〜〜〜〜〜〜〜。
c0150269_21523896.jpg

        
おまけですが、ココ↓すごいっしょ!一澤の並びにあるジャンクハウス!
ん〜〜〜〜、アヴァンギャルド!
c0150269_21463963.jpg

[PR]
by namihei-dobryden | 2008-04-13 22:02 | Comments(5)

ソウルの練習問題

c0150269_13312110.jpg
『ソウルの練習問題』
関川夏央 著
☆☆☆☆

【内容】
一九八〇年代はじめ、一人の青年が、「近くて遠い」と言われた国を旅した。彼はその国の言葉を学び、街を歩き、そして恋をした―。「先進国化」以前のソウルの街区とそこに暮らす素顔の韓国人を活写し、それまでの紋切り型の報道や、卑屈と尊大を往復するだけだった日本人の韓国観を劇的に変えた紀行文学の歴史的傑作。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

こんなに素直な文章、久しぶりに読んだな。司馬遼太郎にも勝る!?紀行文の傑作でしょう。文化・習慣の違いに触れ「考えさせられた」みたいなありきたりな言葉ばかりが並ぶ紀行文に飽きた人にはオススメ。初版は1984年に出版。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-04-11 13:34 | 読書☆道楽 | Comments(2)

ぶらり途中下車 〜さくら〜

c0150269_21325490.jpg

   大川沿いの桜。ちょっと曇ってたのが残念だけど、なかなかの景色です。

c0150269_21335814.jpg

      水陸両用BUS。めっちゃタテ揺れしてた!酔うぞッ確実に!

  いつから、こんなに桜にワクワクする様になったのだろうか・・・。あ〜いいね。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-04-04 21:40 | 寄り道 | Comments(4)

聖☆おにいさん

c0150269_12535636.jpg
『聖☆おにいさん』
中村光 著
☆☆

【内容】
目覚めた人ブッダ、神の子・イエス。世紀末を無事に越えた2人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばちゃんのように細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな“最聖”コンビの立川デイズ。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

コレ、大丈夫〜〜〜!?!?!?って最初は思ったけど(宗教心に熱い人からブーイングがこないかしら・・・?と)読み終わると批難するのもバカらしいくらいくだらなくて・・・。
それでも、海を越えるのは難しいかな〜〜コレ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-04-03 13:03 | 読書☆道楽 | Comments(0)