<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

♪ibadi

c0150269_17342619.jpg
『Story Of Us』
ibadi
☆☆☆

春から夏へ向かうこの時季に
こんな優しいギターサウンドはピッタリだ。
雨にも似合う。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-05-25 17:41 | 音楽☆道楽 | Comments(0)

万物固有 〜 救世主現わる?

♪万物固有の老化現象、思い知る日がきっと来るわよ〜〜〜〜っっっっっ!♪

爆風スランプの『女の道』という曲の一部です。
この曲を聞いた時、私はまだ高校生でして
こんな歌詞なんて右から左へ聞き流してたんですが、
今になってこのフレーズが何度も何度も頭の中でリフレインするのです!
そう!なぜなら今まさに、ソノ万物固有の老化現象とやらを
“思い知っている”からです!ingです!

肌がやっぱり衰えますね〜。20代ズボラして何もしなかった代償ですね〜。
そこで、ワラにもすがる思いで今話題のBBクリームとやらをゲットしました!

c0150269_0173194.jpg

        シミもかくせ、肌にツヤを出すというタマモノです!


早速、使用してみました!
うん!肌にしっとりと馴染みシミもカバー出来ていい感じです!
職場で『今日、BB塗ってきたよ!!どう?』と聞いてみたところ
『ん〜〜〜〜〜・・・・』と反応が鈍かったのがひっかかる所ですが、
この夏はBBでギラギラの太陽と闘います!

※ドモホルン・リンクルも気になります。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-05-24 00:39 | Comments(2)

潅燭寺(クァンチョクサ)

c0150269_2258434.jpg

忠清南道(チュンチョンナムド)の論山(ノンサン)という小さな街にある
潅燭寺(クァンチョクサ)という寺の弥勒菩薩様に会いに行った。
実は、この春の旅の1番の目的はこの方に会いに行く事だったのです!
いや〜〜〜〜素敵!☆!☆!☆!☆!☆
私の興奮ぶりを写真の数でご察し下さい。
c0150269_23215439.jpg

              えんやこら階段を上って・・・

c0150269_23231593.jpg

       お〜〜〜!!あの門をくぐれば、あのお方がいらっしゃる!!

c0150269_236198.jpg

          うぉ〜〜〜〜〜!!いらっしゃいました!

c0150269_2361421.jpg

              あなたに会いに来ました〜!

c0150269_2363093.jpg

             キュートなちょうちんナメで1枚。

c0150269_236452.jpg

            ぷっくり肉付きのいい手がかわいい!

c0150269_23175612.jpg

       そのかわいい手で、一輪の花を持ってらっしゃいます!

c0150269_238561.jpg

    雨の日も風の日も、毎日こうして静かに佇んでいらっしゃるのですね。

c0150269_2381813.jpg

        賑やかな小学生と記念撮影。微笑んでらっしゃいます。

c0150269_2392038.jpg

         また、来ますね〜!その日までごきげんよう〜!!

c0150269_23412088.jpg

        寺の敷地内から論山市を望む。のどか〜〜〜〜〜〜〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-05-23 23:55 | 旅フォト | Comments(4)

おばあちゃんが、ぼけた

c0150269_036864.jpg『おばあちゃんが、ぼけた。』
村瀬孝生 著
☆☆☆☆

【内容】
人間は—生まれる/遊ぶ/働く/愛する/死ぬ。
しかも、ぼける。ならば、混沌をおそれず、
この1冊でぼけを丸ごと学ぼう。
[目次]
◎老人ホームは姥捨山!?
◎生きることにつきあう!
◎死につきあう?
◎ふつうに生まれて、ふつうに死ぬこと

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

92才のおばぁちゃんフシさんの項で印象に残る文句があった。
『過去を忘れ、少し先の未来も予測できないフシさんは“今”を生きている』

お前は今、どう生きてる?とこちらが問われてる様だ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-05-19 00:38 | 読書☆道楽 | Comments(3)

一番うまかったメシ

c0150269_147111.jpg

扶余(プヨ)という街に到着してすぐ事前にチェックしてた旅館に向かった。
玄関入ってすぐの受付の小窓を覗いたら、おばぁちゃんとおばさんが
2人でちゃぶ台はさんで昼食を食べていた。目が合ったのですかさず
『今日、部屋空いてますか?』と聞くと、
おばぁちゃんが口をモグモグしたまま『うん、うん』と頷いた。
すると、受付横にあったドアを開けて
『入れ、入れ、御飯食べよう』と誘ってくれた。
『えっ!?えっ!?』と言いながらも腹ペコだった私はそそくさと靴を脱いだ。
途中参加の私の為に、おかずをタッパから取り出して皿に盛ってくれた。

c0150269_1264457.jpg

これがほんっっっっっとに美味しくて!美味しくて!
素朴な家庭の惣菜に感動!
ヘタな食堂より数段ウマイ!ほんっとにウマイ!
どれも少しピリッとした辛味があり御飯がすすむ!すすむ!
『あ〜〜〜ウマイ、ウマイ』とバクバク食べてたら
おかわりするか?と聞かれたが、遠慮した。(ちょっと後悔)

あまりの美味しさと
「一緒に食べよう」と誘ってくれたその好意が嬉しく
写真を撮らせてもらった。

あ〜〜〜、あの日に戻りたい。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-05-18 01:41 | 旅フォト | Comments(2)

去年はなかったゾ!ユニクロ!

c0150269_026452.jpg

      釜山一の繁華街『西面(ソミョン)』にユニクロが出来てた。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-05-18 00:29 | 旅フォト | Comments(0)

酔い損ねた往路〜出発

c0150269_22541043.jpg

今年も大阪から釜山まで、船で行く一人旅決行。
決行数日前『蓄膿症発病』と言うアクシデントに見舞われた為
日にちをズラしての出発となった。大量の薬持参して(不安を抱え)出発。

今年の船の中での喋り相手は、姫路に住んでいる娘に愛に来ていたと言う
釜山在住の50代後半の韓国人女性。
しかし、私のNHK会話レベルの韓国語ではまともな会話になるはずはなく・・・(-_-;)
とにかく頭の中フル回転で船酔いする間も無かった。(この点はラッキー。)
今思えば、簡単な英単語を並べただけでも出来たような会話内容だったな(-_-;)

大阪を出発した時はどんよりと曇ってたけど
翌朝目を覚ましたら、それはそれは素晴らしく快晴だった!

c0150269_23245753.jpg

   釜山の街が見えてきた〜〜〜!ニョキッと建ってるマンションが遠くに!

c0150269_23262837.jpg

     近付いて来た〜〜!!この距離でもしっかり生活感を感じる街。

c0150269_23285229.jpg

              カッコいいから撮った。

c0150269_23292728.jpg

            到着!釜山タワーよ、久しぶり!
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-05-16 23:49 | 旅フォト | Comments(4)

韓のくに紀行

c0150269_12552362.jpg
『韓のくに紀行−街道をゆく 第2巻』
司馬遼太郎 著
☆☆☆☆

【内容】
週刊朝日の1971年7月16日号から1972年2月4日号に連載。
旅の時期は、日韓が国交正常化して6年後の1971年5月15日から5月18日までの4日間。
十代のおわりごろから朝鮮に憧れを抱いていた司馬は、兵隊として朝鮮の地を踏んだことはあったが、旅行者としてはこれが初めての旅だった。加羅、新羅、百済という古代国家を旅する3部構成。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

先日、百済(くだら)のかつての都、公州(コンジュ)と扶余(プヨ)をぶらついて来た。この本を読んでから行ったので、何でもない景色もより深く感じる事ができたんじゃないかな〜。

白村江(はくすきのえ)の戦いでの百済と日本との絆にはグッとくる。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-05-16 13:06 | 読書☆道楽 | Comments(2)

ホテル・ルワンダ

c0150269_21423681.jpg
『ホテル・ルワンダ』
2004 イギリス/イタリア/南アフリカ
☆☆☆

【内容】
1994年、アフリカのルワンダで民族対立が原因の大量虐殺事件が発生、欧米諸国や国連の無策が被害を拡大させる中、1200人もの人々をホテルに匿い、話術と知略を武器にその命を守り抜いた一人のホテルマンの奇跡の逸話を映画化。


* * * * * * * * * * * * * * * 

1994年て最近の事なんだよな〜。私が呑気に生きてたその裏でこんな悲惨な現実があったなんて・・・。と言うかいつの時代もそうなんだよな、もちろん今も。
そういう現実があると言う事を時折でも意識する事は大事だな。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-05-14 22:00 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(2)

目が痛いと思ったら、鼻だった

先週半ばくらいから目の奥がモヤモヤしだした。
風邪かな??と思ってマスクして用心してたんだけど一向に良くならない。
良くなるどころか明らかにおかしくなってきた。
頭がボ〜〜〜〜〜〜ッとして、常に車酔い気分。
テレビを観てても気持ち悪いし、もちろんMACの画面も辛い。
そうこうしてる内に右目の奥が痛くてたまらなくなる。
「コレは、眼性疲労だ!」と思い眼下へ行く。
全く異常なし・・・・・。
すると眼下医が「鼻の奥が炎症起こしてるんじゃないかな?」と忠告。
翌日、耳鼻科へ。
医師、開口一番「蓄膿やな。。。」と一言。
ひょ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!となってたら、
「いつからや?」と半ば怒り気味な医師。
もっと、早くこんかい!って言いたげ・・・。
だって、目がおかしいと思ってたんだもの〜〜〜〜〜!
と、言い訳する間もなく、なが〜〜〜い綿棒を鼻の穴に押し込まれ
患部に消毒薬を塗られる。
ぅあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっ!イッタ〜〜〜〜ッカッカックァッ!!!!
涙がホロホロホロロと流れるるる。。。
はぁ〜〜〜〜〜〜、疲れた。

今は大量にもらった薬を飲み始めて3日目。かなり症状も軽くなった。
一時は痛みから吐き気もして食欲もなく、どないしよかと思ったものだ。

今週は、会社に行ったと言うよりも、病院に通ったって感じの1週間だった。
あ〜〜〜〜〜〜〜〜、グッタリ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-05-03 11:55 | 健康 | Comments(7)