<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

切った!割った!喰った!

職場の友達に家で採れたスイカをもらった。
おおおおおおおぉ〜〜〜もかった分、美味しさも格別だ。

c0150269_2121938.jpg

c0150269_2124246.jpg

   『あま〜〜〜いぃ〜〜〜〜〜〜っ(>_<)!!!』最高の夏の味だ!!!
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-07-31 21:06 | 喰いだおれ散歩 | Comments(2)

夏の大宴会

先日、オープン・ザ・セサミの夏の大宴会に行ってきた。
オープン・ザ・セサミは大阪で人形劇と人形アニメーションの制作活動を行っている
クリエイティブ集団です。
H.P→http://www.ne.jp/asahi/op/sesame/
かな〜〜〜り昔、縁あって人形劇に参加した事がありまして、
今だにイベントがある時は声をかけていただき誠に感謝しておるしだいです。

で今回、図々しくも何にも作業してないのに宴会だけ参加した訳です。
そう!宴会のメインイベントである先輩方の華麗な舞台を見るために!!

今回の演目は【エル・アルコン−鷹ー】。
四半世紀前に書かれた、青池保子原作の無敵艦隊海戦。
そんなスケールの大きな話を1人何役もこなし
たった6人のキャストで見事に表現!アッパレ!

c0150269_12452556.jpg

           ん〜〜〜〜〜、衣装も凝ってます。

c0150269_1249585.jpg

      どっひゃ〜〜〜〜〜っっっっ!!躍動感あるダンス!!!

c0150269_1251924.jpg

           もちろん、歌も聴かせます!!♪

c0150269_1252236.jpg

       あ〜〜〜ココは、間違いなく「宝塚大劇場」!!!!!

いやぁ、ホントに楽しかった。久しぶりに会った諸先輩方は
相変わらずでパワフルで元気もらいました!!

あ〜〜〜、もっと沢山の人に見て欲しいな〜〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-07-29 12:59 | Comments(8)

母と旅した900日

c0150269_21545289.jpg

『母と旅した900日』
王一民 / ユ・ヒョンミン 著
蓮池薫 訳
☆☆☆

【内容】
中国最北端からチベットまで3万キロ。
99歳の母をリヤカーに乗せた自転車が走る。
最初で最後の母と息子の二人旅。
中国全土が涙した感動のノンフィクション。



「母さん、この世の現物に行きますか?」
「行ぐって、どうやって?」
「俺が母さんをリヤカーに乗せて行くんです。自転車で牽きながら」
「いったいどごさ行こうってんだ?」
「それは決まってません。風の吹くまま気の向くままです」

「おれら西蔵(チベット)に行けるべが?」

あなたは九十九歳、私は七十四歳。
だけど、この広い世の中を見てまわることにしたのです・・・・・。
旅の終わる日、もしあなたが幸せだと言って明るく笑ってくれたなら、
それが年老いたこの息子の喜びに、人生最後の願いの成就になるでしょう。
(本文より)

* * * * * * * * * * * * * * * 

信じられないけど、実話。
こんな素敵な二人旅があったんだな〜。
圧倒されたのは、移動距離の長さだけでなく年老いた親子の深い絆だ。
あ〜言葉にすると陳腐ね〜〜。

※この本は韓国で出版された本を、蓮池さんが翻訳したものだ。
 拉致され、24年間北朝鮮での生活を余儀無くされた蓮池さんが
 訳すにあたってどんな日本語を選ぶのか・・・すごく関心があった。
 
 いいな〜と思った文言は、99歳の母がよく口にした
 『おら、あだりめに(あたりまえに)幸せだ』です。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-07-25 22:30 | 読書☆道楽 | Comments(2)

めがね

c0150269_165196.jpg『めがね』
2007 日本
☆☆☆

【内容】
大ヒットした「かもめ食堂」の荻上直子監督が再び小林聡美を主演に迎え、のどかな海辺の町を舞台に描くスローライフ・ムービー。都会から何かを求めて南の海辺の小さな宿にやって来た一人の女性が、揃いも揃って風変わりな周囲の人々に戸惑いながらも、少しずつ彼らののんびりしたペースに馴染んでいくさまを、淡々とユーモラスに綴る。

* * * * * * * * * * * * * * * 

なるほど。うん、とことんスローライフ・ムービーだった。
もうちょっと、ピリッとした感じが欲しかった・・・というのが正直なトコ。
前作の『かもめ食堂』の主人公は能動的にヘルシンキに行ったのに対し
『めがね』の主人公はどちらかと言えば『受動的』に与論島に行ったんだよね。
ソコが、ピリッ!が感じれなかった要因だったんじゃないかと。
見終わった後、背筋が伸びる様な爽快感を感じたかったな〜。

※この監督の映画は、朝見るのがオススメ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-07-21 01:20 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(4)

ウェディングショー

桂由美のウェディングドレスのショーを見に帝国ホテルへ。
c0150269_12445923.jpg

ロビーに展示してたスワロフスキーを敷き詰めたベンツ。キラキラ〜〜ッ☆

c0150269_12464023.jpg

駄目だ。照明が明るすぎてど〜にもこ〜にもな映り具合。デジカメだと綺麗に撮れるのかな?

c0150269_12484925.jpg

 展示してたテーブルセッティング。ローソク型のランプは綺麗だった。

c0150269_12501955.jpg

風船でできたドレス。ヘリウムガスが入ってて、歩くたびに弾んで可愛かった。
(ULyさん、資料にどうぞ・・・・)

今回は、オイオイそんなの誰が着たがるの〜〜!?
って言う様な奇抜なデザインがなくソレが残念。
うひゃ〜〜!!!っと笑いたかったな〜〜〜〜〜〜〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-07-17 13:08 | Comments(8)

塩田千春『精神の呼吸 Breath Of Spirit』

c0150269_22251461.jpg

大阪国際美術館へ塩田千春展を見に行く。よく分からない建築の大阪国際美術館。

c0150269_22285325.jpg

c0150269_22292082.jpg

        エスカレーターで下りながら撮ったからブレまくり。

塩田さんはドイツを拠点に活動する作家さんだ。
とにかくこの方の作品は、パワーがある。迫り来る迫力って言うか・・・。
若干病的な空気も感じる。いや、若干じゃないな、かなり感じる。
隣にいた女の子二人組は『怖い、怖い』と言っていた。

c0150269_2233575.jpg

                DNAからの対話


c0150269_22335670.jpg

                皮膚からの記憶


c0150269_22343452.jpg

                  眠りの間に

迫力あるんだけど、やはり女性的な繊細さがあって好きだ。今後の作品が楽しみだ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-07-12 22:50 | Art & Design | Comments(4)

学生気分

6月の頭にハングル検定を受けてみた。ビビリなので難易度ひく〜〜〜い5級(^_^;)
大勢の人と机を並べてテストを受けるなんて何十年ぶり!?だったろうか。
関西大学で受けたって事もあるが学生に戻った気分だった。新鮮。
で、忘れた頃にピラ〜〜〜〜ンと通知が届く。

c0150269_2144984.jpg


ウハハハハッ!
いくら、5級とはいえ『合格』という文字を見るとやはり嬉しいもんだ。

しかしながら、めっっっちゃ、しょ〜〜〜もない間違いをしてるんだよね〜(>_<)
見直したのにな〜何度も。

ん〜〜〜〜〜、4級も受けてみるかな!?
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-07-12 22:13 | Comments(6)

死神の精度

c0150269_21221036.jpg
『死神の精度』
伊坂幸太郎 著
☆☆

【内容】
ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に、ある時は本格推理風に……様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。




* * * * * * * * * * * * * * * 

死に相応しいか相応しくないか、死神によってはかられる人たち。
可と出れば死、見送りと出れば生かされる。
不条理ながらも希望も少し感じられる。不思議。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-07-12 21:35 | 読書☆道楽 | Comments(0)

直島瀬戸内アートの楽園

c0150269_2152632.jpg
『直島瀬戸内アートの楽園』
秋元雄史/安藤忠雄 ほか 著
☆☆☆

【内容】
この島、まるごと現代アート!安藤忠雄設計の地中美術館、古い民家が作品に変身する家プロジェクト。美術館と一体となったホテル…。小さな島の世界的アートプロジェクトを完全ガイド。



* * * * * * * * * * * * * * * 

読みながら『エッ!あれも作品だったの!?』とつぶやく事数回。
読んでから行けば良かったかな〜〜〜(^_^;)
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-07-12 21:24 | 読書☆道楽 | Comments(0)

♪Alex

c0150269_17275133.jpg
『My Vintage Romance』
Alex
☆☆☆☆

全体的に低血圧な感じ。。。
Alexの声、好きだ〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-07-05 17:28 | 音楽☆道楽 | Comments(2)