<   2008年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

カルビンコッ!!

c0150269_16513383.jpg

数日前の日記で、食べ過ぎには注意しようと言っておきながら
『焼肉・小倉優子』へ行って来た。
店の看板さえ妖しいもんだが、それ以外は至って普通だった。

c0150269_16355743.jpg

肉もホルモンも全て美味しかった!予想外だ!
正直“たむけん”の店より美味しいと思う。

c0150269_16515497.jpg

でもって帰り際、1円玉掴み取りにチャレンジ!
掴んだ分、丸ごと貰えるのだ!手の大きい私がチャレンジ!
たっくさん取ったつもりなのに、悲しいかな所詮1円玉。
合計295円(だっけ?)だった。。。

↑焼き肉屋の帰りにお茶しに入った喫茶店のテーブルに広げる。
喫茶店の店員にコレで払ってもいいか?と聞いたら断られた。。。
1円だって立派なお金だゾ!!ムムッッ。

ま、とにかく肉が美味しかったので満足な夜であった。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-30 16:54 | 喰いだおれ散歩 | Comments(2)

ゴックンッ!内視鏡

ここんとこ、ず〜〜〜〜っと胃の調子が悪かったので
昨日、胃カメラ検査をした。
もう3度目だし、何の気負いもなかったが、
1.2回目より明らかに辛かった!!!なんで!?
検査技師が下手くそやったんかな〜〜。

カメラが喉元まで入ってきた時
『は〜〜〜い、ゴックンして〜〜、ゴックンッ!』
とカメラを飲み込めと言うが
『ゥゴゴゴゴゴッッッッゥエッッ!?!?!?』
っと嗚咽が出るだけ!出来ないよ!!
もう、無理から押し込んでくれ!って感じだった。

一瞬、息の仕方も分らなくなったよ!!

とにかく、検査も無事終わり
結果も良かったのでとりあえずホッて感じ。
どっっっっっっと疲れたよ。
かえって病気になるよ、ホント。

この連休、食べ過ぎには注意しよう。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-28 17:49 | 健康 | Comments(3)

クリスマスの光景その3〜砂の像


c0150269_12524238.jpg

中之島にて。わざわざ鳥取砂丘から砂を持って来たらしい。。ん〜〜。。。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-24 12:59 | Comments(3)

クリスマスの光景その2〜スカイビル広場

c0150269_11174559.jpg

スカイビルの広場は“なんちゃってドイツ”になってました。賑やかです!


c0150269_11185250.jpg

お菓子やビール、おもちゃetc.沢山の屋台がありました。
ドイツウインナーは一本600円で売ってました!高い!
ジュージュー焼ける臭いが美味しそうでした・・・。


c0150269_11222518.jpg

ドイツ人!?のおばちゃんが必死でクッキーの生地をこねてました。
この家はなかなか可愛かったです。


c0150269_11232818.jpg

そうこうする内にツリー下にある舞台付近が騒がしく。。。
周囲の照明が消え、舞台にほのかに明かりが灯りはじめました。
すると・・・・


c0150269_165018.jpg

サンタさんの登場です!本当にハープを弾いてましたよ!
子供たちは喜んでました。

スカイビルは結構頑張ってますね〜〜〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-22 12:35 | Comments(3)

クリスマスの光景その1〜大阪市北区限定

c0150269_1842813.jpg

     HEP FIVE。倖田來未プロデュースだと。な、なぜ????。。。


c0150269_2142553.jpg

 ヒルトンプラザ・ウェスト。エントランス前ではロウソクが灯されてます。


c0150269_218272.jpg

        ヒルトンプラザ・イースト。上品な色ですね。


c0150269_2193264.jpg

       ハービス・エント内。内装に合わせてライトは暖色系です。


c0150269_21105349.jpg

        ディアモール。通る度に装飾が増して行きます。


c0150269_21143172.jpg

     堂島にて。すごい早さで色が変わります。ん〜〜〜賑やか!!
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-21 21:36 | Comments(4)

AVANT GARDE CHINA 20

c0150269_16212094.jpg


大阪国際美術館で先日開催した
『AVANT GARDE CHINA20』を観に行った。
ちょっと前まで東京でやってて
「いいな〜〜、こっちこないかな〜〜〜」と思ってたら
やって来た!!!!(ToT)

休日が待ちきれず、平日仕事終わってから猛ダッシュで行った。
失敗だ・・・。閉館まで1時間しかない・・・。
『1時間じゃ、ぜんんんっぜんたりない〜〜〜〜っっっっ!!』

とにかく面白すぎる!!コレ見逃しちゃ後悔するよ!

なのに宣伝が弱すぎる!!
6時に入館したんだけど、客私1人だし!( ̄□ ̄;)
6時半過ぎてよ〜〜〜やく男の人1人発見したのみ。。。
大丈夫か大阪国際美術館・・・。
(東京だと平日でも人入るんだろな〜〜〜)

いや〜〜、年明けたらもう一回じっくり観に行こう。
学芸員のレクチャーがある日にしようかな・・・。

沢山の個性的な作品があったけど
ビビッッとアンテナが震えたのは
偶然にも自分と同世代の作家の作品だった。不思議。
育った背景は全然違うのに・・・。面白いな。

やっぱり、あんな訳分らない!?情熱のみなぎった国から
つまんないものが生まれる訳がない!!(言い過ぎか・・・)

↓以下、展示作品。美術館のHPにUPしてたので載せてもいいだろう。

c0150269_1731454.jpg

『老人ホーム』(ユン・ユァン+ポン・ユウ)
インスタレーション。これは衝撃作。心臓をギュッと握り潰されます。必見!!


c0150269_17311934.jpg

『ラビット・ドッグス』(ツァオ・フェイ)
働きづめの若者たちを「会社の犬」とみたて、
急激な資本主義化の歪みを皮肉った映像作品。めっちゃ面白い。曲もいい。


c0150269_17313433.jpg

『シリーズ2 No3』(ファン・リジュン)
ふふふっ。ニヤニヤしながら、そして途方に暮れる・・・って感じ!?
(激動する中国社会を冷ややかな視線で傍観する男なんですかね?)


c0150269_17322567.jpg

『池の水位を上げる』(ジャン・ホァン)
この作家の“してる事”は中国では収まりきらないでしょう。面白いです。
でも、この作家のパフォーマンスに不快感をおぼえる人も多いでしょう。
(全裸で汚い公衆便所に座り込み、コバエにたかられまくったり、
  天上から吊るされた状態で血を抜かれるetc・・・体はってます!)

私は興味深く観れましたが。。。でも、時間がなかった(ToT)


c0150269_17324135.jpg

『大批判:尼康(ニコン)』(ワン・グァンイー)
まさに、THE POPARTですね。


c0150269_17325666.jpg

『血縁:大家庭之四』(ジャン・シャオガン)
じ〜〜っと観ちゃいます、この人の作品。作品の大きさにもビビリます。


c0150269_17331215.jpg

『芬』(マ・リウミン)
私は今回、この作家に一番ビビッと来ちゃいました。
男性ですが綺麗に化粧をして、両性具有的な妖しい美しさを放ちながら
全裸で生きた魚を調理するパフォーマンスは面白いです。
あ〜〜もっとじっくり観たかった(ToT)

駄目だ、こうやって書いてたらスグにでも行きたくなってきた!

あ〜〜、やっぱり現代美術って面白いな〜〜〜〜。

c0150269_17212583.jpg

        夜の大阪国際美術館。増々よく分らない物体に・・・。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-21 17:58 | Art & Design | Comments(2)

わたしを離さないで

c0150269_15482432.jpg
『わたしを離さないで 』
カズオ・イシグロ 著
土屋 政雄 訳
☆☆☆☆☆

【内容】
残酷な運命に翻弄される若者たちの一生を感動的に描き、世界中で絶賛された、ブッカー賞作家の新たなる傑作。




* * * * * * * * * * * * * * * 

スゴイ。スゴイ。スゴイよ。

何の予備知識もなく読んだ方がいいと思うので
これから読まれる方の為に、詳しく感想は書きません。
(と言うか、書きづらい・・・)

先が知りたくてたまらないのに
でも、終わるのが惜しくて
毎晩少しづつ読みました。

読んでる間中
強風の中で綱渡りしてる様な
そんな気分でした。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-21 15:50 | 読書☆道楽 | Comments(2)

外科医ポン・ダルヒ

c0150269_18125759.jpg
『外科医ポン・ダルヒ』
(全26話・BS11にて視聴)
2007年 韓国 ☆☆☆☆

【内容】
心臓病を抱えている地方医大出身の胸部外科レジデント1年目のポン・ダルヒ。
新米の医師として経験する様々な事件と患者、生と死、やりがいと挫折、葛藤と克服を通じて、医者として人間として成長していくメディカルヒューマンドラマ!

* * * * * * * * * * * * * * * 

いいドラマだった。
すごく丁寧につくられている。

HIV患者の受け入れ、手術の問題
殺人犯と子供の命の優先順位
母とお腹の子供、どちらを助けるか etc

毎回様々な問題と直面しながらも
前向きに、時には後ろ向きに生きる主人公がいい。

外科医の話だからもちろん手術シーンが多く
かなり生々しいシーンも出てくるが
ソレが平気なら是非見て欲しい作品。

久々にハマったな〜〜〜。

※年末年始、BS11にて一挙放送します。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-21 15:24 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

♪Avant

c0150269_12342084.jpg
『Avant』
 Avant
 ☆☆☆

待った!待った!待った〜〜〜!!!
Avantの新譜がやっとでた〜〜〜!
買って、ここ一週間くらいずっと聴いてたんだけど、ん〜〜〜私の好きな“もっちり、ねっとり、べっちゃり”感が薄らいでなんだか全体的にPOPな仕上がりに・・・。
ま、来年は初来日してくれる事だし大目に見て3つ星だ。
ライブでは前のアルバムの曲も沢山歌っておくれ〜〜。







ライブ用にかいたね!と思わずにはいられないくらいPOPなナンバー。
◎Material Things


[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-16 12:49 | 音楽☆道楽 | Comments(2)

土と炎の詩人、河井寛次郎


c0150269_1854821.jpg


先日、京都にある陶芸家・河井寛次郎記念館に行って来た。
その才能は陶芸だけに留まらず、彫刻・デザイン・書・詩・詞・随筆etc.
あらゆる分野で優れた作品を残している、今で言うマルチアーティストだ。

c0150269_18115525.jpg


趣きある外観にわくわく!引き戸を開ければそこは別世界だった。
この場所は、寛次郎が作品を創作した場所でもあり生活した場所でもある。
(置かれてるほとんどの物が寛次郎デザイン。椅子や机、家具atc)

c0150269_18135921.jpg


なんだろう、このほっこり安らぐ感じは・・・。
郷愁だけではなく、寛次郎の物を愛する心が感じられる。

c0150269_18481434.jpg


居間の椅子に腰をおろして思った事は
『あ〜〜、ココは京都で一番好きな場所になる』。

c0150269_18584012.jpg


中庭も静かで上品。
それにしても外観からは想像できないくらい中は広い。

c0150269_1903997.jpg


寛次郎デザイン、真鍮のパイプ。いや〜かっこいい!

そしてそして、数々の作品が置かれてる展示室を抜けると
そこには、巨大な窯が待っていた!!!!!!
階段状になってる『登り窯』だ!

c0150269_1905324.jpg


この巨大窯は圧巻だった!
手前から2番目の部屋で、名作が生まれる事が多かったらしい。

いやぁ、久しぶりに心の充実を覚えた1日。
あ〜〜〜、帰りたくなかったよ〜ほんと。
是非、多くの人に実際に行ってあの空間を体感してほしい。

あ〜〜、満足。心がギスギスしたらまた行こう〜。

※居間から2階へ上がる階段の脇にある“手すり”が素晴らしい!
 あんな、持ち心地のいい“手すり”は他にない!
 (写真、うまく撮れず(-_-;)・・・残念。)

c0150269_18474777.jpg

                  ほっこり。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-14 18:49 | Art & Design | Comments(2)