<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

うどん部が行く〜きすけ編


c0150269_12463187.jpg


“きすけ”にて『有機野菜天ぷらぶっかけ』を食す。
トッピングで“揚げ持ち”まで付けちゃった!

サックサクのブロッコリーの天ぷらは口当たりホロホロホロ・・・。
青野菜独特の風味が口いっぱい広がります。

満足。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-26 12:54 | 喰いだおれ散歩 | Comments(4)

WBC強化試合 日本 vs 豪州


c0150269_12331637.jpg


WBC日本VS豪州の強化試合を見に行った。
イチローや城島、松阪などアメリカで活躍する選手を
地元大阪で見れるとあってはこりゃ行かねばなるまい。

にしても、イチローをナマで見るのは何年ぶりだったろう。
10年以上経ってるのは確実だな!?(*_*)

イチローの一挙手一投足でスタジアムはすごい歓声に沸く。。。
まさにスーパースターって感じだった。
何よりイチローが打席に立った時のカメラのフラッシュの量がハンパない!
キラキラキラキラ〜〜〜っと白い光りが瞬いて、
まるでコンサートの演出みたいな様だった。
彼らしい駿足を活かした内野安打も見れて良かった。
まぁ強化試合とは言え勝って良かった。

でも今の段階で調子がいいと逆に本試合は大丈夫かと
心配になったりしなかったり…(-.-;)

なんとしてでも連覇じゃ!

c0150269_12365167.jpg

[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-25 12:37 | Sports!! | Comments(4)

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない

c0150269_1252836.jpg
『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』
町山智浩 著
☆☆☆

【内容】
デタラメな戦争、崩壊する経済、暴走する宗教、ウソだらけのメディア、腐敗する政治…ブッシュの8年間でアメリカはかくも酷くなった。








* * * * * * * * * * * * * * *

友達が“面白いヨ”と言って貸してくれた1冊。

ほんっと、アメリカって完全なる反面教師だわ。
もう、あまりのバカっぷりに呆れて物が言えないヨ。
こんな国と同盟国だなんて・・・お先真っ暗だわ・・・。

ディクシー・チックス頑張れ!
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-24 12:53 | 読書☆道楽 | Comments(0)

GODFATHER part.1

c0150269_17551467.jpg
『GODFATHER part.1』
1972年 アメリカ
☆☆

【内容】
1947年のニューヨークを舞台に、マフィアのボス・コルレオーネと、彼に忠誠を誓う“ファミリー”の姿を描いたマフィア映画の金字塔。






* * * * * * * * * * * * * * * 

今、私の中で昔の名作を観る...ってのがプチブームなんだけど
やっと、このマフィア映画の金字塔と言われてる『GODFATHER』を観た。

ん〜〜〜〜、ビッみょ〜〜〜〜〜っっ。。。
約3時間の長丁場、何とか最後まで観れたのは
若いアル・パチーノがとにかくカッコよかったから!
ソレだけ!ソレだけで3時間耐えた。(ダイアン・キートンも可愛かったけど)

スキあらば殺し殺されのマフィア映画だってのに全く緊張感がない。
たまに、バ〜〜〜〜ンッと“えげつない”シーンが出て来るので
ハッッッ!と目覚めるんだけど(寝てたんかい!?)
またしば〜〜〜らくゆる〜〜〜いムードに。

だいたい時間軸がブチ切れで、
『あれ!?もうあなたたち結婚すんの?』
『ありゃっ、もうそんなに子供が大きく!?』
と言った具合にまるでスキップ視聴してるかの様だった。
まぁ、ただでさえ3時間あるのだから
それくらい潔く進行してくれた方が返って良かったのかも...(嫌味か)

総じて、私はやっぱりマフィアやヤクザの映画にはグッとこないって事だ。
(あれ、でもインファナル・アフェアは好きだゾ!?)

とにかく私は面白く観れなかったな〜〜〜。
もうpart.2 part.3は観ない。

※マーロン・ブランドのウィスパーボイスにはビックリした!
 顔つきからして、フランク永井の様な低く渋い声を想像してたから!
 あんな具志堅用高みたいなソプラノボイスだったとは!
 ほんっとにビックリした。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-22 18:12 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(2)

コレさえあれば・・・


c0150269_12385422.jpg


♪お酒はぬるめの〜〜燗がいい〜〜♪

コレさえあれば、いくらでも酒が飲めるな〜。

白子のホイル包み焼き。最高っす。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-17 12:41 | 喰いだおれ散歩 | Comments(4)

うどん部が行く〜清元編

c0150269_11525327.jpg

汁が濁った“白ごまうどん”。
白ごまの風味豊かなスープに
うどんがよく絡んでウマイ。

ズズッとすすれば、もうパラダイス!


c0150269_1153646.jpg
横っちょにあるご飯に汁をかけて
“おじや”にして食べても
これまた感涙!

あ〜〜極楽の一杯。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-16 12:50 | 喰いだおれ散歩 | Comments(6)

日本映画の金字塔 七人の侍

c0150269_142334.jpg『七人の侍』
1954年 日本
☆☆☆☆

【内容】
戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士に立ち向かうべく農民に雇われた侍たちの闘いを描いた作品。黒澤明監督による日本映画の傑作。麦の刈入れが終わる頃。とある農村では野武士たちの襲来を前に恐怖におののいていた。百姓だけで闘っても勝ち目はないが、麦を盗られれば飢え死にしてしまう。百姓たちは野盗から村を守るため侍を雇うことを決断する。やがて、百姓たちは食べるのもままならない浪人たち7人を見つけ出し、彼らとともに野武士に対抗すべく立ち上がる……。

* * * * * * * * * * * * * * *

やっと見た!面白かったな〜。

後半の野武士との戦いのシーンが見せ場なんだろうけど
前半の一人、二人と仲間が増えていき
だんだん組織が形成されていく行程の方が私は好きだな。

※七人の侍の中で一番お気に入りだった人が
 一番最初に死んじゃったのはショックだった(-_-;)
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-14 01:07 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(4)

浜辺の女

c0150269_1325988.jpg
『浜辺の女』
2006年 韓国
☆☆☆

【内容】
映画監督と後輩の美術監督、そして彼の恋人が織り成す三角関係を、シーズンオフの海辺の町を舞台に描くラヴロマンス。




* * * * * * * * * * * * * * *

ホン・サンス監督、ほんっとうまいよな〜〜。。。
いつまでたっても抜けきれない大人の幼稚な部分を
滑稽に、愛おしく描くのが・・・。

それにしてもキム・テウは
どんな映画に出ても(大作からインディペンデント系まで)
しっかり自分の仕事するな〜。感心。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-12 13:03 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

COLDPLAY

c0150269_125675.jpg
『美しき生命
〜Viva La Vida - Prospekt's March Edition』
COLDPLAY
☆☆☆

全世界でロング・ヒットを記録しているColdplayの最新作『Viva La Vida Or Death And All His Friends』の2CDスペシャル盤!
ディスク1は従来の「Vina La Vida...」を収録。そしてディスク2の内容に大注目!この「Prospekt's March」に収録されている全8曲のうち6曲は「Viava La Vida」のアルバム用に制作されたものの、アルバムの流れを考え実際には収録されなかった楽曲なのです!"Life In Technicolor ii"が"Life In Technicolor"の続編でもあることから、「Prospekt's March」は『Vina La Vida」の続編であり完結盤ともいえます!

* * * * * * * * * * * * * * *

言わずもがなの超人気バンド。
去年「Viava La Vida」が発売された時
一瞬買おうかと思ったんだけど
COLDPLAYの様なバカ売れするCDは
後々激安価格になるハズだ!と思いなおし
買わなかったのだ。

そしたら知らぬ間に
2CDスペシャル盤が出てるじゃないか!
しかも輸入版だと2,200円!思わず買ってしまった。

私的には部屋で聴き入るって感じじゃなく
電車に揺られながら聴きたい感じ。

やはり日本人としては
『Lovers In Japan』は嬉しい一曲。
しかも“OSAKA”って単語が出てくるのだから驚く!

↓歌詞抜粋。

『Lovers In Japan』

♪Tonight maybe we're gonna run
 Dreaming of the Osaka sun
 Ohh ohh...
 Dreaming of when the morning comes

♪今夜、もしかしたら逃げ出すかも
 大阪の日の出を夢に見ながら
 ああ、ああ〜
 朝がやってくるのを夢に見ながら

数年前、大阪に来た時に
ビルとビルの間に見えた
ロマンチックな朝日に感動したらしい・・・。

大阪がロマンチック!?
一体、どこから見たんだろう〜〜。
気になるところだ。ツインビル!?
もしやグリコの電飾看板を見たのか?
いや、太陽の塔かも!?

とにかくクリスが
♪おおさ〜〜〜〜〜〜かぁ さぁ〜〜〜〜〜ん♪って歌うのが
何か変な感じ。



それにしても、イギリスは
メロディアス・ロックの宝庫だね〜、やっぱり。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-10 13:02 | 音楽☆道楽 | Comments(2)

BROTHERS IN THE HEAD

c0150269_10121162.jpg

『BROTHERS IN THE HEAD』2005年 イギリス ☆☆☆

【内容】
美しき“結合体双生児”の青春ロック・ムービー!!

1975年イギリスで衝撃のデビューを飾った、伝説の結合体双生児バンド「ザ・バンバン」。過激なステージ・パフォーマンスと恐いほどの美しさで、一気にスターダムにのし上がるが、ある女性との出会いを境に二人の歯車は狂い始め、徐々にアルコールとドラッグに溺れていく・・・。

* * * * * * * * * * * * * * * 

これは引き込まれる!
完全なフィクションなのにドキュメンタリー風につくってるからすごくリアル。

この映画の魅力は
なんと言っても結合体双生児バンド「ザ・バンバン」の曲だ!!
歌詞もメロディーもかっこいい!
映画よりもサントラがお勧めだ。

結合体双生児を演じた、双子俳優も良かった。

一般ウケはしないと思うけど、単館系が好きな人は見ても損はないかな。
(しかし、ちょっとエグイと感じるシーンもあるかも・・・)
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-10 12:56 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(2)