<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

♪Winterplay


c0150269_12521765.jpg


この前の日曜日、NU茶屋町のTOWER RECORDに
Winterplayのインストライブに行ってきた。
数日前アルバムが発売されたばかりなんだけど
視聴して『ん〜〜ちょっと弱いかな〜〜』って思って買わなかったんだけど
一度生で聴いてみようとやってきた。

いや〜〜生ウタはめっちゃ良かった!
CDだとやっぱり整理整頓されちゃって、面白くないんだよな〜。
特にM.JのBille Jeanをスペシャルでやってくれたんだけど
こ〜〜〜れがめっちゃ格好良かった!
ジャジーなBille Jeanは素敵だった。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-07-28 12:59 | 音楽☆道楽 | Comments(2)

我が家の似たものトリオ


c0150269_21292530.jpg


一週間前、J・COMのお兄さんが新しいケーブルTV受信機を持って来た。
それによって必然的にリモコンも新しくなったんだが
以前から使ってるTVとDVDのリモコンとメーカーが同じだから激似してて
めっちゃ紛らわしい。
毎度毎度TVを付けようとする時プチ・イラッ!!ってなるんだけど
こんな些細な事でイラついてるは私だけだろうか?
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-07-26 21:35 | Comments(4)

ロボットとウェディングドレス


c0150269_18244881.jpg


先週水曜日、招待券を頂いたので会社帰りに
「桂由美のウェディングショー」に行って来た。
いつも芸能人がゲストモデルで登場するんだけど
今回はなんとゲストがロボットであった。
ど〜〜いうコンセプトなんだ???と思いパンフを開いたら
TOPページに桂由美氏の挨拶文があった。
そこに・・・・

『ロボットに着せる意味は何?』と問わないで下さい!

と書かれていた!
うぇ〜〜〜〜〜〜(◎-◎;)????っと思ったが
そう言うなら問わずにいよう。ムム。

c0150269_18314641.jpg


↑このお嬢様がロボットの未夢(ミーム)ちゃんだ!
舞台奥からヒョコヒョコ〜〜〜っと出て来て
一番手前まで来たら、左右にちゃんとポーズをとり
『今日はとってもハッピー』と喋ったのだ!
そして踵を返しヒョコヒョコ〜〜〜っと舞台奥へ歩き出し
袖にハケて行った・・・・・。

ん〜〜〜『何故ロボットに?』とやっぱり問いたい!!

で、今回のショーは追悼の意を込めて
BGMの多くにマイケル・ジャクソンの曲が使われた。
ぎこちなく踊るモデル達・・・・。
不思議な演出だった。うん。

今回は不思議な雰囲気が始終漂うショーだったが
肝心のドレスは全部素敵だった!!!
何よソレ〜〜〜ってのが1着もなく、非常に実践的。
昨今の不況で冒険するのをやめたのかな??

とにかく楽しかった。
あと、モデルってやっぱり細いね〜〜。
肩なんてペラッペラに薄いヨ!

c0150269_18453187.jpg


↑全く撮れてない・・・。GIVE ME デジカメ!!
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-07-26 18:46 | Art & Design | Comments(0)

気合だ!


c0150269_22274423.jpg


先日、気功のワークショップに参加した。
気功は姿勢の改善に繋がり
続けて訓練していけば
肩や腰の痛みは消える!?らしい。
良い姿勢を保つ上で重要な
“体の内の筋肉を鍛える事が出来る”とのこと。
インナーマッスルの強化は若さの秘訣!って事ね。
実際、マドンナも取り入れてるらしい。
(50歳であの踊りはスゴイね。マッスル効果か!?)

でもってワークショップ開始。
とにかく先生の動作を見よう見まねでやってみるが・・・
できない・・。できないヨ!!。
簡単そうに見えるが出来ない。
大体、正しい立ち方すら出来ない。

『丹田に気を集めて〜〜〜』と言われても集まらない。
『頭頂から気を解放して〜〜』と言われても
元々集まってないから解放しようがない・・・。
延々と醜態をさらし続けたのだった。

だがだが、ここからがミラクル。
先生がス〜〜っと寄って来て
御自身の手の平を私の手の平に近付けて来たその時、感じたのだ!
熱い!熱いゾ!手の平が熱い!
ストーブに手をあててるみたいな感覚。
私と先生の手の平の距離は10cm程だったろうか、
その10cmの空間に熱い何かがあったのだ!
お〜〜〜、これが気か!!気なんだね!
いやぁ、驚いた。

何とか1時間半のワークッショップを終えた。
1時間半ほぼ立ちっぱなしだったのと
普段しない姿勢をした事で腰が痛くなった・・・。(コレってどうなの?)

その日以来、家やジムで習った動作をしてみるんだけど
明らかにカタチになっていず
何だか、私オリジナルな気功になってる様な気がしてならない。

とにかく、インナーマスル鍛えてマドンナみたいになるゾ!

いつか・・・・。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-07-25 23:11 | 健康 | Comments(8)

Mr.3000


c0150269_1131311.jpg
『Mr.3000』 
2004年 アメリカ  
☆☆☆

【内容】
野球殿堂入りに必要な3000本安打を達成した途端さっさと引退した傲慢な元野球選手が、記録ミスで3本足りないことから10年ぶりに現役復帰するスポーツ・コメディ。






* * * * * * * * * * * * * * * 

40代後半になって思いっきりメタボになった主人公は
現役に復帰する為懸命に努力するんだけど
現役時代は簡単に出来た事が全く出来ず
皆からバカにされるわ情けないわで
そのトホホっぷりが面白かった。

いざ復帰してバッターボックスに立っても
ボールの早さについていけず何とも不様な空振りばかり。

それでも何とか2本のヒットを放ち
3000本まであと1本となった彼がとった
最終打席の行動は意外だった。

アメリカっぽくパカーンとヒットを放ってサヨナラ勝ちで
かつ、めでたく3000本達成、バンザ〜〜〜イで終わるかと思いきや
あれあれあれ、
ONE FOR ALL精神でなんと犠打!!!
お〜っ!アメリカもこんな自己犠牲の美学を理解できるのね〜。(偉そうな私)

野球好きは楽しく観れると思う1本。

“私を野球へ連れてって”って曲はいいね〜〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-07-25 11:50 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(2)

ピナ・バウシュ


c0150269_21505883.jpg


大好きだったんですよ、ピナ・バウシュ。
ダンサーであり、振付家・演出家でもあった彼女の作り出す世界が
ほんとに大好きだったんですよ。

来年は、関西での公演も決まり
絶対見に行くゾ!!と思ってただけにショックで・・・。

御冥福をお祈りします。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-07-18 21:54 | Art & Design | Comments(2)

TA☆KA☆RA☆ZU☆KA


c0150269_12484320.jpg


先日、旧友に誘われ小学校2年生以来の宝塚観劇に行って来た。
いやぁ、もうほんと一大テーマパークだね。
レストランもあんなに充実してるとは思わなかった!!
ファンにはたまらない空間だよ。
劇中で歌われた好きな歌をチョイスしてオリジナルのCDを作れるなんて
かゆい所に手が届くってもんだ・・・。

土産売り場でのプロマイドの量にも感嘆!!
男役の人と女役の人とでは、かなり売り場的面積の差がある。
やっぱり男役がスターなんだね〜あくまでも。
で、驚いたのがこんなところにもキティちゃんが参入してる!!
キティちゃんが男装したビジュアルのグッズには笑えた。
ほんと、手広いよアナタは・・・。

肝心の舞台だが、とても面白く観れた。
惚れるまで行かないが、主役の人かっこ良かった。
にしても、特異な文化だな〜〜〜〜〜〜〜〜。
面白い。

c0150269_130470.jpg

[PR]
by namihei-dobryden | 2009-07-15 13:00 | Comments(8)

ロンメル進軍


c0150269_12295836.jpg



『ロンメル進軍〜リチャードブローティガン詩集』

リチャードブローティガン 著
高橋 源一郎 訳
☆☆☆





* * * * * * * * * * * * * * *

学生の時買って、今になってよ〜〜〜やく読んだ。
その時読めばグっときたろうに・・・。
やっぱり買った時が“読み時”なのだろ。
訳した高橋氏の功績はかなり大きいと思った。

   『馬鹿だねえ』
  
    ああ、数えきれぬほどたくさんの
  
    足算と引算の結果として
  
    わたしたちはこの言葉を呟くのである
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-07-14 12:41 | 読書☆道楽 | Comments(0)

苦渋の1時間半

昨日、佛教大学四条センターで
『古代朝鮮三国と日本の仏教』という講座を受講した。
■講議内容:中国から朝鮮三国(高句麗・百済・新羅)に佛教が伝来した経緯と
      その発展の歴史を概括し、また、この朝鮮三国から
      日本に仏教が伝来した歴史について、
      それぞれ史料に即して具体的に検討してみる。

私は聴講生30人くらいの小じんまりしたモノを想像してたんだが
行ってびっくり、広い会場に100人はいた!!
聴講生の年齢層は60歳以上の人が大半だった。
20代なんていやしない。私と同じくらいの人が2人いた。
なんか私、ちょっと浮いてる?感があった・・・。

さて、受け付けで登録を済ませ『資料です』と渡されたモノを見て愕然とした!

c0150269_150184.jpg


↑『日本書紀』や『隋書』をコピーした紙の束だ!
“うぎゃ〜〜無理だ!思いっきり勉強じゃん!!”と心で叫んだ。
(↑行間にあるヘロヘロした鉛筆文字は私の字です。)
もっとカルチャーセンター的なノリ(どんなノリ?)だと思ってたので
ヒュルヒュルヒュル〜〜〜っとやる気が失せていった。

が、そんな私の心情など全く無視で(当たり前!)講議は始まった。
先生が読み上げてる箇所が分らず、非常に焦った。
みんな、スラスラと何やらメモり出すし
先生の言う事に『うん、うん』と頷いてるし
完全に“落ちこぼれ”気分を味わったのだ。
隣のオバチャンのノートを、何度盗み見した事か!
座高が高くて良かったな〜〜〜〜〜ハハハッと
思ってる間に講議は終わった。
落ちこぼれからの脱出は出来なかった。
長い1時間半だったな〜〜〜〜。。。

と、ぐったり疲れながらも
『へ〜〜、そうなんだ』と思った事も沢山あり
それなりに楽しめた。(と思いたい!)

※この日の夜会った友達にこの資料を見せると
 『うぉ〜、メモってる!メモってる!ちゃんとっ!ハハハハッ』
 と大ウケされてしまった。
 ちなみにその友達は大学で仏教学を学んでいたんだが
 『こんな事(日本書紀を読み解く)してない』と言われた。

===============================================================

c0150269_2156206.jpg


講議が終わってから高麗美術館に行った。
ここは朝鮮の古美術品が展示されてる美術館だ。
かわいい仏像にも出会えたので良かった。

※しか〜し、この美術館に行くのに地下鉄『北大路』の駅からバスに乗ったのだが、
 途中で『アレ!!ちが〜〜う!逆に走ってるヨ!』と気付き
 慌ててどこだか分らないトコでバスを降りた。
 そんなこんなで、なんとか辿り着いたんだけど
 着いた時にはぐったりだったのである。
 京都の市バスはいつまで経っても乗り慣れない。。。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-07-05 15:32 | Comments(2)

やなぎみわ展『婆々娘々!』


c0150269_011265.jpg


やなぎみわさんの『婆々娘々!』展に行ってきた。
待ちに待ってたのでルンルン♪しながら行ったんだけど
くしくも“ルーブル美術館展”と同時期開催だったため
いつにもまして人が多く、ちょっと凹む。


c0150269_0161896.jpg


さぁさぁ、とくと拝見しよう〜〜〜。

c0150269_018113.jpg

             『Windswept Woman Ⅱ』

超巨大な写真です!4mくらいあるんじゃないかな?
この様な女性が他に4人いるのだ。
計5人の女性は客を取り囲む様に展示されてるから
それはスゴイ迫力だった!!
女性達が砂漠の様な所で踊りまくってる映像も楽しめる。

どの女性も“老若”を具有してる。
美しいハリのある足なのに、胸はしわしわタレタレ。
足は老人の様にしわしわなのに、胸はパンッとはじけてる。
老若の交換を見事に表現した作品。


以下は『マイ・グランドマザーズ・シリーズ』

c0150269_0181220.jpg

                 『ARIKO』

c0150269_0182549.jpg

                 『MOEHA』

c0150269_0183940.jpg

                 『MITSUE』

一般公募したモデルに「50年後の自らの理想の姿」を問いかけ
それぞれに浮かび上がった老婆像を
特殊メイクやCGを用いて具現化した作品。

50年後の老婆達は、多種多様で面白い。
多様な老婆像を見ることで、未来の可能性が増す様な感覚になる。

やなぎさんの作品は女性応援歌みたいでいい。
なんか、チャーミングだし。(私にはそう見えた)

次はルーブル展観に行くかな???
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-07-03 00:51 | Art & Design | Comments(2)