<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

無念のキャンセル

わざわざ情勢不安定な所にお金を払って行く事もなかろう・・・。

GWのタイへの旅はキャンセルしました。

あ〜〜タイの仏像、見たかったなぁ〜〜〜。

タイ王国の安泰を願います。。。

c0150269_22484434.jpg

[PR]
by namihei-dobryden | 2010-04-29 22:33 | Comments(0)

告白

c0150269_23203383.jpg
『告白』
湊かなえ 著 ☆☆

【内容】
「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです・・・」
我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラー。


* * * * * * * * * * * * * * *

『1Q84』とまではいかないけど、一応話題本です。
書店にふらっと寄ったら、文庫化されてたので買って読んでみました。

ん〜〜〜〜〜。。。。うすっぺらかった。。。なんか。。。
絶賛してる方も沢山いる様ですが、何故何故?って感じ。
私の心のヒダが枯れてきてるんでしょうか・・・。

この様な、主人公が“独白”していく形態の小説なら
ちょっと前に読んだ佐藤正午さんの『身の上話』の方が
断然完成度高いし、お薦め!
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-04-24 23:34 | 読書☆道楽 | Comments(2)

力士(ちからびと)の世界

c0150269_17351440.jpg

『 力士(ちからびと)の世界』

33代 木村庄之助 著
☆☆☆









【内容】
頭にちょんまげ、まわし姿で土俵に上がり、普段は着物に草履で過ごす—
考えてみれば不思議な世界ですが、相撲界にあるものは、
すべて日本の伝統文化そのものです。
塵浄水(ちりちょうず)や四股(しこ)、
弓取りなどの力士の所作には古い由来と意味があります。
気が合って初めて始まる「立ち合い」は、日本人ならではの阿吽の呼吸です。
横綱の品格とは? 四つ相撲の見所は? 師匠と弟子の関係は? 
人生の52年間、ちゃんこを食べて過ごした元・立行司が
「不思議の国」をご案内します。
ファンでも知らないことがある、61の基礎知識。

* * * * * * * * * * * * * * *

引退を考えてる力士の目は“うつろ”らしい。

元気いっぱいの若手の頃の目

ベテランになり引退を意識し出した頃の目

この両方を比較できるのは、行司ならでは。

土俵上で軍配を握りながら

真近で力士の目を見続けた筆者の

相撲界への想いがつまってる。

“八百長”についても

相撲を愛する行司ならではの見解が書かれていて

納得はしなかったが、そういう事も含めて相撲なのかな・・・と

思う事にした。
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-04-17 17:51 | 読書☆道楽 | Comments(2)

新・がん50人の勇気

c0150269_17142625.jpg
『新・がん50人の勇気』
柳田 邦男 著
☆☆☆
【内容】
最期の瞬間まで「死」と闘った
感動の記録。
昭和天皇から本田美奈子、米原万里まで、幾多の病苦に遭遇しつつも「生」と「死」のはざまで神々しく生き抜こうとした人々の足跡を辿る。




* * * * * * * * * * * * * * *

この本に登場する方々は、家族の愛に溢れた中で息をひきとった。
辛い思いをして亡くなったのだから、羨ましいと言ったら怒られそうだが
自然にそう思ってしまった。
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-04-17 17:26 | 読書☆道楽 | Comments(2)

ムカついてムカついて!

また今JRの車内に閉じ込められてる!!!!
休日の朝から!!
もう一時間も止まったまま!
すぐ目の前に駅のホームが見えてるのに
そこまで走って駅で止めてくれたらいいのに
運転手「止まれと言う指示が来てるから動けないんですよ〜〜。」
と、臨機応変に対応出来ないグズっぷりを発揮。
(私は一両目の一番前にいたので運転手と客のやりとりを観察)
お葬式に向かうおばさんが
「すぐ目の前が駅なので歩いて行きたい!」と訴えると
運転手「そんな事したら僕が怒られます!」と
これまた「知るか!」って回答。
確かにそんな事は勝手に出来ないだろうが
「怒られますから」って回答は変じゃないか!
だいたい平日からしてしょっちゅう止まってんだから
「はるか」とかだけじゃなくて普通の在来線にもトイレ付けとけ!!!って話。
何でもかんでも司令塔の指示待ち。
前後に止まってる電車とは直接交渉出来ない事になってるらしい。
(隣に座ってるおじさんの情報)
あ〜もう一時間半も乗ってるよ!
30分もかからないのに!
ふざけんなっ!!!
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-04-17 11:31 | Comments(2)

キレイに撮れたので・・・

c0150269_1255201.jpg

先週土曜日、ぷら〜っと散歩に行った京田辺市にある観音寺周辺の光景です。
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-04-16 12:58 | Comments(2)

ヤバイよ………

あ〜〜〜事態は悪化するばかりだな〜タイ。
GW行こうとしてるのにな〜(;_;)
いきなり“解決”って事にはならないよな〜。
正月のおみくじの旅行運最高だったのに!
(いつも良くない)
はぁ〜〜〜〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-04-14 20:37 | Comments(5)

♪Ximena Sarinana

c0150269_21331364.jpg

『Mediocre 』
Ximena Sarinana
(ヒメナ・サリニャーナ)
☆☆☆

メキシコ人歌手・ヒメナちゃんのデビューアルバム。
これは聴けば聴くほどジワジワ響いて来るタイプのアルバム。
何よりジャケ惚れです。
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-04-10 21:38 | 音楽☆道楽 | Comments(0)

相撲のひみつ

c0150269_12374864.jpg

『相撲のひみつ』
新田一郎 著
☆☆☆















【内容】
えっ?相撲って、そういうことだったの?1300年つづく、わけがある。
横綱は一度かぎりの「特別企画」だった!行司は勝ち負けを決められない!?
相撲には、まだまだ知らないことが山ほどある。
おもしろく「見せる」ために、生まれた相撲。
「見せる」ためにしかけられた「ひみつ」を知れば、見るのもどんどん楽しくなる。
この1冊で、はじめてわかる、国技のすべて。

* * * * * * * * * * * * * * 

超ビギナーにとっては非常に分かりやすくていいでしょう。
でもコレ読みおわると『どうして?』と
新たな疑問もわいてきちゃいます。
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-04-02 12:49 | 読書☆道楽 | Comments(2)