<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

行きたい!

c0150269_12524947.jpg

あ〜、めっちゃ行きたいんだけどこのライブ!
な〜んで東京だけなのよ〜。
そりゃ大阪じゃ人集まりにくいだろうけどさ〜。
しかも平日!休日なら行く事も考えるが
年末までめっちゃ忙しいから休みづらいんだよなぁ〜。
あ〜〜ぐやじぃ〜〜!
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-10-31 12:03 | 音楽☆道楽 | Comments(0)

cha!cha!cha!

c0150269_124091.jpg

大山崎山荘に恒例のお茶会に行って来た。
看板一つとっても洒落ている。

c0150269_1240065.jpg

c0150269_12395079.jpg

今回は長生きできる・・・と言われている茶を飲んだ。
そうありたいもんだ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-10-31 11:58 | Comments(0)

今邑ミステリー3冊

c0150269_12293342.jpg
『ルームメイト』今邑 彩著 ☆☆☆

【内容】
私は彼女の事を何も知らなかったのか…?
大学へ通うために上京してきた春海は、京都からきた麗子と出逢う。
お互いを干渉しない約束で始めた共同生活は快適だったが、
麗子はやがて失踪、跡を追ううち、彼女の二重、三重生活を知る。
彼女は名前、化粧、嗜好までも替えていた。
茫然とする春海の前に既に死体となったルームメイトが…。

* * * * * * * * * * * * * * *

文庫本のオビに
『ミエミエな展開だなぁと思っていたら、意外な方向に話は進んで、
 いやぁ、まんまと騙されました』
とあったので、“私も騙されたい!面白そうだ!”と購入。

感想は・・・
いやぁ〜〜〜、めちゃめちゃだよ!この展開!
“騙された”なんて言葉じゃ片付けられないよ〜。
オイオイオイ・・・な方向に話は転がる転がる。。。
ラスト、話のオチを2種類用意したのもスゴイけど
何だかミステリーというよりホラーみたいになっちゃって
筆者が言う通り後味悪いんだよねラスト。
まっ、でも結局楽しく読めたからイイけどね。



c0150269_12292470.jpg
『七人の中にいる』今邑 彩著 ☆☆

【内容】
クリスマスイヴを控え、ペンション「春風」に集った七人の客。
そんな折、オーナー・晶子のもとに、
二十一年前に起きた医者一家虐殺事件の復讐予告が届く。
刻々と迫る殺人者の足音を前に、
常連客の知られざる一面があらわになっていき…。
復讐を心に秘めているのは誰か。
葬ったはずの悪夢から、晶子は家族を守ることができるのか。

* * * * * * * * * * * * * * *

今回読んだ3冊はいずれも1990年代半ばに刊行された本だから
今みたいに誰もが携帯を持ってる時代じゃなかったんだよね。
今ならスグに確認できそうな事でも時間がかかったり、すれ違いがあったりして
そのあたりのジレンマが面白いんだよね。

7人の中に、自分を殺そうとしてる人間がいるのに
誰か見破れず怯える主人公が気の毒で・・・(昔に大罪を犯したけど)

早々に、明らかにこの青年が怪しいゾ!!ってなるんだけど
それじゃあまりにも簡単すぎるから、他にいるだろうと思いながら読んでたら
うわぁ〜〜〜ソコか!ソコから犯人登場か!って感じで
これこそ“騙された!”って感じであっった。
面白かった。



c0150269_12291584.jpg
『そして誰もいなくなる』今邑 彩著 ☆☆

【内容】
名門女子校の式典の最中、
演劇部による『そして誰もいなくなった』の舞台上で、
服毒死する役の生徒が実際に死亡。上演は中断されたが、
その後も部員たちが芝居の筋書き通りの順序と手段で殺されていく。
次のターゲットは私!?部長の江島小雪は顧問の向坂典子とともに、
姿なき犯人に立ち向かうが…。戦慄の本格ミステリー。

* * * * * * * * * * * * * * *

この筆者の作品も3册目となれば、何となく犯人の目星がついてしまう。
明らかに“善者”として描かれてる人がウサンクサイのだ。
とは言え“自らの手を血で染めた者だけが犯人ではない”という
一ひねりあったラストで面白く読めた。

今後は洋モノのミステリーも読んでみようかなぁ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-10-31 11:45 | 読書☆道楽 | Comments(2)

Birthday

c0150269_12355730.jpg

先日、母が誕生日だったのでケーキを買った。
写真だとあっさりしたケーキに見えるが
この生クリームがなかなかむつっこく
食べ終わるや胃痛を起こしてしまった(ー_ー;)
結局、母が4分の3食べた。(2日にわけて)

私の胃は年輩の母の胃より軟弱だ・・・

生クリームがあっさりしてる美味しいケーキ屋をご存知なら
教えて下さい。
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-10-09 16:24 | Comments(3)

妖怪図鑑

c0150269_12411425.jpg

『水木しげる・妖怪図鑑展』に開期終了真際に駆け込みで行った。
ゲゲゲのドラマ効果もあってか?沢山のお客さんで賑わってた。

私的には水木氏の妖怪絵は本ですでに見てた事もあり
さっさと観覧をすませた。
そして、歌川国芳や伊藤若冲など
巨匠たちが描いた妖怪図が展示されてる部屋をゆっくり鑑賞した。
これがほんとにユーモラスで楽しい!!
いくつかの作品の所蔵名が綾辻 行人とあった。
ん〜〜羨ましい。

ショップでは“鬼太郎どら焼き”を買って帰った。
栗が入ってて美味しかった。
[PR]
by namihei-dobryden | 2010-10-09 16:14 | Art & Design | Comments(0)