<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

初☆歌舞伎

c0150269_12491537.jpg

初めて歌舞伎を観に行った。
解説イヤホンがなくても理解できる楽しい演目で良かった。
橋之助さんと勘太郎さんが際立って良かった。
また行きたいな♪

c0150269_1249513.jpg

えらく近代的になってしまった歌舞伎座。
少々風情に欠けるが、これも時代の流れか・・・。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-09-23 12:13 | Art & Design | Comments(2)

6枚の壁新聞 石巻日日新聞

c0150269_12405248.jpg

『6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録』 
石巻日日新聞社 著 
☆☆☆☆

【内容】
津波の被害を受けた宮城県の地域紙・石巻日日新聞社は、
輪転機が一部水没するなか、手書きの壁新聞を決意。
紙とペンさえあれば、新聞は出せる。
伝える使命に突き動かされた記者のドキュメント。

* * * * * * * * * * * * * * *

紙とペンさえあれば・・・。

結局ソコなのだ。今や文字で表現する媒体は沢山あるが
このblogにしたって電気がなければ全く機能せず闇の中。

手書きの新聞は伝達範囲こそ限られているが
非常事態にあって、一番知りたいのは身近な情報であり
中央が伝えるニュースなどあまり意味はない。

記者一人一人の目を通して書かれた震災後の情景は
テレビで見た沢山の悲惨な映像よりもとても身近に感じた。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-09-23 12:07 | 読書☆道楽 | Comments(0)

父、帰る

c0150269_22431890.jpg

『父、帰る』 2003年 ロシア ★★★★

【内容】
母と祖母と暮らしていた兄弟のもとに、
家を出ていた父が12年もの長い歳月を経て戻ってきた。
写真でしか見たことのない父の出現に子どもたちは戸惑うが、
父はお構いなしに彼らを湖への小旅行へ連れて行く……。

* * * * * * * * * * * * * * 

見終わった後の余韻がスゴイ!!
何故?何故?何故?WHY?WHY?WHY?と
数々の疑問を残したまま終わるんだけど
ソレが嫌じゃないという珍しい映画。

主役の少年の老け顔も見応えあり。
顔だけ映ってると中堅サラリーマンに見えてくる。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-09-23 11:54 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

パラダイス・ナウ

c0150269_15172535.jpg

『パラダイス・ナウ』 
2005年 フランス=ドイツ=オランダ=パレスチナ ★★★

【内容】
イスラエル戦場地、ナブルス。
自爆攻撃へ向かう、二人の若者の48時間。

* * * * * * * * * * * * * * 

このチラシのデザイン、ど〜にかならないか!?
映画の内容とあまりに温度差が!?
(重々しくなく、テンポ良く進行するんだけどね。)

上層部に命令されて
翌日ホイホイって簡単にテロを実行する青年たち。

この映画がどこまでリアルに描けてるかは分からないけど
これまであまり描かれなかった題材だけに
興味深く見ることができた。

“もう、自爆しかない!!!”と
彼らをそこまで追いこんでしまう現実が悲しい。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-09-17 01:03 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(2)

ある子供

c0150269_22472153.jpg

『ある子供』 2005年 ベルギー=フランス ★★★

【内容】
ベルギーの名匠ダルデンヌ兄弟による、
現代の大人になりきれない子供たちの日常を鋭く切り取った青春物語。

* * * * * * * * * * * * * * 

なんて馬鹿な青年なんだ!と怒り奮闘で見てたけど
最後、ちょっと光が見えた終わり方で救われた。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-09-17 00:50 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

ある日のランチ

c0150269_12362122.jpg


職場の近所の“こ洒落たパン屋”で買ったサンドイッチ。
イノシシの肉で造ったソーセージがはさまってる。
うん、や〜〜っぱり、ちょっとクセが・・・。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-09-17 00:45 | 喰いだおれ散歩 | Comments(2)