<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

蕎麦打って食べた

京都の雑貨屋さん『パラルシルセ』 → http://para-lucirse.com/
のイベントギャラリーにて“そば打ち大会”が開催されたので行って来た。

c0150269_1545439.jpg




c0150269_15464645.jpg




c0150269_15471341.jpg


完成!!(写真はすっごく行程はしょられてますが・・・)
何せ力仕事。思いの他時間がかかった。

とにかくお腹いっぱいになって大満足であった。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-12-31 15:53 | 喰いだおれ散歩 | Comments(0)

正月用に…

c0150269_10433887.jpg

日本酒仕入れました。やっぱり大吟醸だね!
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-12-28 10:43 | Comments(0)

冬の寺社めぐりは寒くて辛い

c0150269_12325545.jpg

クリスマスイヴイヴに、久しぶりに東大寺へ!
もう〜ぉ、さ〜むくて仕方なかった(ー_ー;)

c0150269_12324583.jpg

この日の目的は朱印をゲット↑する事だった。
フフフ、かっこいいわ〜。

思えば今まで、辺境にある寺もいくつか行ったので
今さらながら『朱印もらっときゃ良かったな・・・』と後悔。
また行くとなると、かなりのエネルギーを要するからな〜。

まぁ、これからドンドン集めて行くヨ!
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-12-28 01:16 | 寺社めぐり | Comments(0)

木からニョキッと竹が!!

c0150269_12311320.jpg


分かりにくいけど〜
木から竹が5本、ニョキッと生えてるのだ!

ぼ〜っと歩いてたらオジサンが木を指さして
『竹が出てるよ』
と教えてくれた。

あのオジサンは通る人通る人に
『竹が出てるよ』と声をかけてる様だった。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-12-28 00:54 | 寄り道 | Comments(0)

カンボゾーラ

c0150269_114016100.jpg


フランスの『カマンベール』と
イタリアの『ゴルゴンゾーラ』を組み合わせた
美味しいとこ取りのチーズ。
(ドイツで誕生。ドイツめ、人のふんどしで・・・)

随分前に、河原町の高島屋で試食して
『美味しい!』と思った一品なんだけど
阪神、阪急では見かけなくて
普段の行動範囲の中ではゲット出来なかった。

ところが、この度めでたく伊勢丹で発見!

周囲の人々は
『伊勢丹てさ〜、買いたいものないね。高いし。』
などと、薄情な事を口にするが(確かに高いね)
私は買うよ!買いに行くよ!カンボゾーラを!

カビカビしてなくて食べやすいのでオススメ!
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-12-28 00:49 | 喰いだおれ散歩 | Comments(2)

高野秀行氏の本3冊

c0150269_1115090.jpg

『腰痛探検家』 高野 秀行 著 ☆☆☆

【内容】
腰痛からの生還、成るか!? 爆笑治療体験記
腰痛という未体験世界に迷い込み、治療というジャングルをさまよう辺境作家。
西洋医学、東洋医学、民間療法、運動療法、ついには獣医に心療内科…。
カリスマ治療師からも見放され、難病の可能性まで急浮上。
とことん腰痛と向き合った、前代未聞の体験記。

* * * * * * * * * * * * * * *

秋から冬にかけてめっちゃ忙しくて、小説を読む気が起こらなかったので
サクっとエッセイでも読もうかと本屋を物色して見つけた1冊。

腰痛持ちの私にはイタイほど気持ちが分かる!
ページをめくるたびに
『そうそう!!』『あ〜、私と一緒じゃん!』と共感する事しきり。
最後の方、筆者はとうとう心療内科に行くのだが
その辺のくだりは『ちょっと〜!だだ大丈夫〜!』と自分の事はさておき
心配になってしまった・・・・。

腰痛持ちの人にオススメ。

------------------------------------------------------------------------------

c0150269_12524857.jpg

『異国トーキョー漂流記』 高野 秀行 著 ☆☆☆☆

【内容】
外国人と彷徨う東京は不思議なガイコクの街。
故国を追われたイラク人、盲目で野球狂のスーダン人。
様々な外国人とつきあう著者の眼に、東京は不可思議な外国に映る。
笑い、戸惑い、驚きつつトーキョーを旅する友情物語。

* * * * * * * * * * * * * * *

盲目のスーダン人とプロ野球を観戦してる場面は傑作です。


------------------------------------------------------------------------------

c0150269_10263498.jpg

『ワセダ三畳青春記』 高野 秀行 著 ☆☆☆

【内容】
家賃12000円。早稲田の超ボロアパート野々村荘はケッタイな住人だらけ。
三畳一間の私の部屋は探検部のタマリ場となり…。
限りなく「おバカ」な青春を描いた書き下ろし傑作。

* * * * * * * * * * * * * * *

私とたいして年は変わらないのに、なんて昭和な暮らしぶりなんだ!!
にしても、個性的すぎるヨ、他の住人も!!
ケッタイなドラマが毎日展開される野々村荘は
くだらないコント見るより面白い!
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-12-24 11:30 | 読書☆道楽 | Comments(0)

この年の瀬に…

顎間接症勃発だよ(-.-;)

ご馳走!?食べるこの時期に…。

明日は忘年会なのに。

やわらかいモノ選んで食べるしかないか(-_-)

まぁ、液体飲むには問題ないから

ひたすら酒を呑むとするか…。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-12-21 19:51 | Comments(8)

サクラ

c0150269_10285321.jpg

『サクラ―日本から韓国へ渡ったゾウたちの物語』 
キム ファン 著 ☆☆☆

【内容】
2003年、宝塚の動物園が閉園したため
韓国の動物園に引き取られたゾウのサクラを中心に、
過去、日本から韓国へ渡ったゾウの事実を
詳細に取材してまとめたノンフィクション。

日本から韓国へ渡った最初のゾウは、「島流し」になって死にました。
二番目に渡ったゾウは、戦争のために殺されました。
サクラは、三番目に日本から韓国へ渡ったゾウなのです。
どうか、しあわせなゾウになってほしい!
第一回子どものための感動ノンフィクション大賞最優秀作品受賞作。

* * * * * * * * * * * * * * *

宝塚ファミリーランドにいたサクラちゃんが
閉園後、ソウルの動物園に行った事など知らなかった。
ホワイトタイガーなど珍しい動物は
引く手あまたで、すぐに引き取り手が決まった様だが
象のサクラちゃんは最後の最後まで引き取り手が決まらず残っていたらしい。

ソウルに行く際、日本を象徴するアイコンの一つである
『桜=サクラ』という名前を不快に思う韓国の方もいたらしく
改名するや否やでモメたらしいが
結局「サクラ」という名でいくこと決まったらしい。
向うの子供にも愛されているというから嬉しい。

今度ソウルに行く際はサクラに会いに行こう!
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-12-18 19:20 | 読書☆道楽 | Comments(0)

豚の旨味がギュギュっとつまった    「豚たん」の三枚肉

以前からず〜っと行きたかった天満の「豚たん」へ友達誘って行って来た。
何てたって「あまから手帳」の元編集長がお薦めの店なのだから
間違いない!!(はず)

c0150269_11241984.jpg

でで〜〜んと鉄板にのった、豚肉の美しいこと!キレイなピンク!☆!☆!☆


c0150269_1124694.jpg

店の“気のいいおじさん”が陽気に!?焼いてくれて出来上がり!


c0150269_11235694.jpg

小皿のおかずもみんな美味しい!
特にチャンジャの身がごっつくて美味しかった。


c0150269_11371321.jpg

最後は肉を焼いた鉄板でつくったキムチチャーハンを食す。

お腹いっぱいになったので残ったチヂミは持ち帰りにしてもらった。
店員さんも親切で好感が持てた。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-12-18 19:07 | 喰いだおれ散歩 | Comments(0)

♪La Ong Fong

c0150269_10221077.jpg

♪La Ong Fong 『Wind-Up City』 ★★★

渋谷系(懐かしい!)ですか?
先日テレビでタイのピチカート・ファイブだと紹介してたけど・・・。
全体的に似たような曲なんだけど
曲によってボーカルを変えてるから(男or女)
そんなに退屈じゃない。BGMにイイ感じ。






[PR]
by namihei-dobryden | 2011-12-13 23:47 | 音楽☆道楽 | Comments(0)