<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

THAI☆FESTIVAL

c0150269_16504023.jpg

先週ですが、
毎年開かれてて毎年気になってた『タイフェス』に
初めて行ってきた。
いつもATCであったのに
今年は何故か大阪城公園内の
野球グラウンドの端のほうで開催された。

コレ、主催者側は“ちょっとしくじった・・・”と
思ったんじゃなかろうか!?
何せ下が砂だもんだから会場中ホコリっぽいたらありゃしない!
スモック警報発令!って感じ。
履いてた黒いスニーカーが
みるみる間に白くなってしまった!
来年は是非、アスファルトの会場でお願いしたい!

c0150269_16503250.jpg


舞台ではタイ舞踊など披露された。
夕方からはタイの歌手が出て来て盛り上がっていた!
お客さんが直接歌手にお金渡してた!
あれってタイでは普通なのかな??
おひねりか???
[PR]
by namihei-dobryden | 2012-05-28 13:02 | Comments(2)

☆CIRCUS☆

c0150269_1320677.jpg


木下大サーカスに行って来た。

人間の神業の様な演技は楽しく観れるけど

動物達の演技はなぜか切ない・・・。

象さんが2足歩行する姿は特に悲しかったな。(私だけ?)

円形の檻のなかでバイクが猛スピードで駆け巡る

モーターサーカスが私は大好きなのだが

なんとライダーがたったの3人・・・ガクッ。

まぁ、全体的には楽しんだんですが。。。
[PR]
by namihei-dobryden | 2012-05-14 14:05 | Art & Design | Comments(0)

三国志(一)(二)

c0150269_1256424.jpg


『三国志(一)(二)』 吉川英治 著 ☆☆☆

* * * * * * * * * * * * * * *

言わずと知れた「三国志」。

この私が時代小説を読むなんて!!
どうして読もうと思ったかと言うと
この3月に上海近郊の街「無錫(むしゃく)」にある
『三国城テーマパーク』に行ったからだ。
(厳密には連れて行かれた。)

そこで私は自分の無知を実感する事となった。
劉備や諸葛孔明など、名前は知ってても
一体どんな事をしたのかさっぱり分からない。
こ、これじゃ駄目だ・・・と思い
一念発起して(オーバーな)読む事にした。

吉川版は全八巻。ん〜まだまだ先は長い・・・。

以下、『三国城テーマパーク』。

c0150269_12204122.jpg

三国城テーマパークの入り口前広場。無駄に広い。
奥に見える門がテーマパークへの入り口。
入り口には大きなテレビジョンがあって
映画「レッドクリフ」を流してた。。


c0150269_1224237.jpg

広場左手には土産物屋が並ぶ。誰も寄り付いてない

c0150269_1226524.jpg

チャンバラ用刀が売ってるのは分かるが
何故かアラレちゃんに出て来る様なウンちゃんが付いた棒が・・・。

右手には商品の全てに埃が被ってる様な
す〜〜〜っごく寂れた土産物屋があった。
ソコに「諸葛孔明マグネット」が売ってあって
買えば良かった!っと今さら思う。


c0150269_1229819.jpg

太湖を船で遊覧する事に。
中国人・韓国人観光客と一緒にドヤドヤと乗り込む。
場所取りが戦争。

c0150269_12304075.jpg

天気が悪くめっちゃ寒かった!
水平線の向こうから敵が攻めて来そうな雰囲気。

c0150269_12313069.jpg

『呉』の旗が船上でなびく。何となくカッコイイ。

c0150269_12314651.jpg

↑皆が撮るので私もつられて撮った。


さて、本の感想だけど
今日の味方は明日の敵とばかり
簡単に敵に翻る人が多すぎる!!
す〜ぐ首刎ねちゃうし!!

死に方が一つの見せ場になってるね。
[PR]
by namihei-dobryden | 2012-05-08 21:56 | 読書☆道楽 | Comments(2)

青空舞踊公演

c0150269_12512150.jpg

大道芸人「ギリヤーク尼崎」さんのパフォーマンスを観に行って来た。


c0150269_12511473.jpg

なんともう80歳ですからね。アチコチ痛そうでしたが
いざ始まると老いを感じさせない動き!さすが!


c0150269_12505923.jpg

“観にきた人”はどういう芸か知ってるからいいとして
“たまたま通り過ぎた人”の驚いた反応ったら可笑しかった。
子供を抱いた若い夫婦なんて、逃げる様に去って行った(笑)


c0150269_12504790.jpg

最後はお決まり“お母〜しゃん!”と叫んで終焉を迎えた。
[PR]
by namihei-dobryden | 2012-05-08 10:23 | Comments(0)