<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

起上もなか

c0150269_12523736.jpg

パッケージ買いです。完全に。箱に綺麗に収まってる感がカワイイ♪

c0150269_12571713.jpg

[PR]
by namihei-dobryden | 2013-01-30 19:52 | Comments(2)

何者

c0150269_12402055.jpg


『何者』  朝井リョウ 著 ☆☆☆

【内容】
「あんた、本当は私のこと笑ってるんでしょ」
就活の情報交換をきっかけに集まった、拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。
学生団体のリーダー、海外ボランティア、手作りの名刺……
自分を生き抜くために必要なことは、何なのか。
この世界を組み変える力は、どこから生まれ来るのか。
影を宿しながら光に向いて進む、
就活大学生の自意識をリアルにあぶりだす、書下ろし長編小説。

* * * * * * * * * * * * * * *

なんてタイムリーな!!!
直木賞発表された時、まさにコレ読んでたよ!!!

登場人物は就活中の大学生。
頑張っていない素振りを見せながら実は必死で就活してる子や
ヤル気満々で頑張ってるけど空振りばかりしてる子などなど
いろんなタイプの学生が出てくる。
読みながら思う。あ~~~~学校とやらを卒業してからあまりにも時間が経ちすぎた(-.-)登場人物たちの事をリアルに感じる事が出来ない~。
その上、就活しないでのんべんだらりと卒業してしまったしな~私(@_@)
当事は、TwitterやFacebookなど
自分の感情を公に吐露するツールもなかったしね~。
登場人物達がイチイチ今の自分の就活状況を発信してる気持ちも分からない。
私が今学生だったらしてたのかな~。
きっと若い世代の人はめっちゃリアルに感じるんじゃないかしらこの本。

とは言ってても、社会人に対しても
「おい、お前の働きっぷりはソレでいいのか!?」と問われてる様な所も…。

史上最年少での直木賞受賞、おめでとうございます!
[PR]
by namihei-dobryden | 2013-01-25 20:19 | 読書☆道楽 | Comments(2)

くっすん

c0150269_12483728.jpg

梅田のとある銀行に行ったら“大阪のマスコットを応援します”
みたいなコーナーがあった。
そそそそそこに・・・・・・・・・・・

c0150269_125128100.jpg

我が街の“くっすん”が!!!
地元民でさえなかなかお目にかかれない“くっすん”。
世界征服目指して頑張ってくれ~~!!!
[PR]
by namihei-dobryden | 2013-01-24 23:56 | Comments(2)

都市は何によってできているのか

c0150269_12264310.jpg

『都市は何によってできているのか』  パク・ソンウォン 著 ☆☆☆☆

【内容】
本書に描かれているのは、大都会をさまよう現代人の孤独で悲しい姿である。
テーマ自体は極めて内省的で、厭世的と言ってもよいのに、
ユーモラスでスピード感のある文章が、作品を軽快に読ませてくれる。
著者は登場人物たちの悩みを解決してやることはできない。

* * * * * * * * * * * * * * *

ドラマ、音楽の次は文学か???
韓国の小説(特に同世代の作家のモノ)をずっと読みたいな~と思っていた。
タイトルも面白そうだったし、ちょっとマイナーな雰囲気も気に入った。
(この作家が韓国でどれほど知名度があるのか知らないが、
日本で言う所の村上春樹級のレベルではないでしょう。今後、そうなるかも知れませんが。)

短編がいくつか掲載されてるんだけど、
別々の話の様でいて、実は少しずつリンクしている・・・という構成。
ありがちな手法かも知れ合いけど、これが実に自然なのだ。
いや~~ソコにこの作家の構成力をみたね~。
すごく緻密に計算されて創られてる。非常に数学的。
情景の描写力も表現豊か。
同じ東アジアに生きてるから、景色もたやすく想像できる。
とにかく読んでいる間、タルコフスキーの映画を観てる様だった。
(タルコフスキー=眠くなるって方式はこの場合当てはまらない(笑))
[PR]
by namihei-dobryden | 2013-01-16 12:18 | 読書☆道楽 | Comments(0)

2013年もよろしくお願いします。

c0150269_1224766.jpg


毎年お参りする近所の神社に健康祈願してきました。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by namihei-dobryden | 2013-01-15 12:32 | Comments(2)