<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お世話になりました

c0150269_23142813.jpg

本年のシメ鍋は初めて食す“石狩鍋”です。
最後にいくらをのっけてもらい感激。

皆様も寒い冬に温かいもの食べて体力つけて
風邪などひかず、元気に年を越して下さいませ。

今年もありがとうございました(^ー^)
[PR]
by namihei-dobryden | 2014-12-28 23:14 | Comments(0)

自由が8月丁目

c0150269_12395197.jpg

『自由が丘8丁目』 2014年 韓国 ☆☆☆

【内容】
年上の韓国人女性クォンに好意を抱くモリ(加瀬亮)は
彼女を追ってソウルを訪れるが彼女はどこにもおらず、
日記に似た彼女への手紙を書くことに。
クォンはどこにいるのかと考えながらソウルの街を歩き回る中、
同じ宿に泊まっているサンウォンと親しくなり
毎晩のように酒を酌み交わす。
また迷子の犬と遭遇したことで、
モリはカフェ「自由が丘」の女主人ヨンソンとも親密になっていき……。

* * * * * * * * * * * * * * 

シネ・マートにて鑑賞。

ホン・サンス監督、すごい早さで新作、公開です。
いつも以上に何も起こらない作品でしたね~。
もうチョイ、ハラハラしたかったかも!
ホン作品常連の韓国人俳優の中に、加瀬さんがいるのが妙に不思議でした。
あいかわらず中毒性があります、ホン作品は。。。
[PR]
by namihei-dobryden | 2014-12-26 20:11 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

三井寺

c0150269_12334727.jpg

滋賀県は三井寺を参拝してきました。
宗祖・智証大師円珍和尚のご生誕1200年の記念すべき年という事で
普段は見る事が出来ない仏像や襖絵を見る事が出来ました。


c0150269_12335964.jpg

正面口からだと目的地の観音堂が遠いので
端の方にひっそりあった入り口から入りました。


c0150269_1234963.jpg

いきなり、急な階段をのぼるはめになり、ちょっと疲れました。


c0150269_1235610.jpg

その疲れも、琵琶湖を見渡せる展望台からの眺めで吹き飛びます。


c0150269_12351899.jpg

目的地の観音堂です。
秘仏、如意輪観音坐像を見る事ができました。
美しかった!!!


c0150269_12365773.jpg

三井寺のマスコット“べんべん”です。
胸元にぶら下がってる“ほら貝”を上手に吹いてらしゃいました。
住職が来られると深々とおじぎをする、礼儀正しいマスコットでした。


c0150269_12352099.jpg

帰りは正面入り口である大門(仁王門)から出て来ました。
風格のある立派な門でした。

想像以上に境内が広くて、歩き疲れました〜。
[PR]
by namihei-dobryden | 2014-12-24 23:35 | 寺社めぐり | Comments(0)

竹尾ペーパーショウ

c0150269_1226868.jpg

竹尾ペーパーショウに行って来ました。

c0150269_12262345.jpg

整然と机が並べられた空間は緊張感がありながらも居心地が良かったです。
なにせ、作品を観賞しやすいんですよね!!!
華奢な脚のシンプルな机が、紙のイメージにぴったりであります。
(人がぶつかるとグラグラ揺れてました)

c0150269_12274389.jpg

c0150269_12274384.jpg


デジタルの台頭でで紙が危ぶまれてますが
まだまだ元気だ!!と思いました。
[PR]
by namihei-dobryden | 2014-12-12 21:25 | Art & Design | Comments(0)

初めての正倉院展

c0150269_12243869.jpg

毎年、秋になると行こうかどうしようかと迷ってはやめていた「正倉院展」に
この秋初めて行って参りました。
やはり長蛇の列で、入館まで30分弱待ちました。
(プラカードには60分と書いてたけど…)


c0150269_12253716.jpg

いやはやはや、やっぱり面白いわ~。
「正倉院展は特別だ」と言う人の気持ちが分かりましたよ。
聖武天皇が実際に履いてた靴なんか見ちゃうと、
グッと存在を近くに感じるから楽しいわ~。
(この靴がジャイアント馬場級に大きくてビックリ!)


c0150269_12315363.jpg

今年のメインは↑こちらの屏風でしょう。
みんなガラスに張り付いて、なかなか近づいて見る事に苦心しましたヨ。
驚いたのが、かつてはこの屏風
着衣や樹木などに日本産のヤマドリの羽毛が貼り付けられてたらしいんです。
想像すると、なかなかグロテスクなんですが・・・。
屏風の女性は皆様、当時流行の化粧をしていて
赤いぷっくりしたほっぺが可愛かったです。


c0150269_12414223.jpg

私が一番気に入ったのはコレ↑
『人勝残欠雑張(じんしょうざんけつざっちょう)』です。
覚えられませんね、この名前は・・・。

かつて中国の正月に
“無病息災や子孫繁栄を願う行事に用いられた飾り物”
だというんですが、なんか可愛いんです!
可愛さの要因はやはり、真ん中にいる桃太郎みたいな男の子の存在でしょう。
このデザインのままのハンカチがあったら買ってましたネ!
残念ながらありませんでした。

で、グダグダ3時間くらい奈良博で過ごした後向かった先はココ↓
c0150269_12333811.jpg

そう、正倉院であります!!初めて観ました!
東大寺には何度も来てるけど、ココまで歩いて来た事なかった!!
立派、立派すぎます!
「100人乗っても大丈夫~」どころじゃない!
教科書でしか見たことなかったし
ましてや先ほど宝物を沢山見た事もあり感激もひとしお。


c0150269_1233497.jpg

その後、興福寺あたりをテクテク歩いてたら
「北円堂特別拝観」という文字が飛び込んで来ました!
うわ!!ずっとずっと見たかった「無著菩薩立像」に会えるではないか!
と色めきだって早速入り口へ。

北円堂は運慶ワールドMAXであります!

c0150269_1234170.jpg

う〜、グッとくるな〜〜。
右手にいらっしゃるのが「無著菩薩立像」でありますが
左手にいらっしゃる「世親菩薩立像」もイイ!!
ほんと、ソコに魂が存在するとしか思えない!この佇まい。
(西洋の彫刻では感じる事ができない。個人的意見)
すごい域まで行っちゃってるなぁ〜。


c0150269_12341628.jpg

丸一日、いにしえの空気にどっぷりつかって
エネルギーをチャージできました。
[PR]
by namihei-dobryden | 2014-12-05 23:31 | Art & Design | Comments(0)