<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さて、どこ行こう〜

c0150269_16431831.jpg

青春18きっぷを買っちゃいました。

どこ行っても暑いけど(;´д`)
頑張って出掛けようと思います。

サクッと行けて、モトがとれる所探したいと思います。

始発に乗って〜〜〜〜〜
なんて言うヘビーなのは避けたいな。
[PR]
by namihei-dobryden | 2015-07-25 16:43 | Comments(2)

フレンチアルプスで起きたこと

c0150269_12253424.jpg

『フレンチアルプスで起きたこと』 
2014年 スウェーデン・デンマーク・フランス・ノルウェー合作 ☆☆☆

【内容】
フランスのスキーリゾート地にスウェーデン人一家がバカンスにやって来る。
山際のテラスで昼ご飯を食べていると、
突如ごう音が鳴り響き目の前の斜面で雪崩が発生。
大事には至らず家族は無事だったが、
夫トマスが取った行動により頼れる理想のパパ像は崩れ去り、
妻と子供たちの反感を買い家族はバラバラなってしまう。

* * * * * * * * * * * * * * 

シネ・リーブルにて鑑賞。

人は思いがけない窮地に遭遇すると
その人の本質が見えると言いますが
まさにこの映画ではソコが “キー ” になり
家族がギクシャクしていく様をリアルに描いてます。

一家の大黒柱のお父さんが “やらかしちゃって ”
お母さんがどんどんヒステリックになっていくのが怖かった。
『そんなにお父さんを追い込まないで~』と思いつつも
元凶はお父さんにあるので、100%かばえないわ。

予告で観た時は、もうちょっとコメディータッチかと思ったけど
意外と人間ドラマだったわ~。
[PR]
by namihei-dobryden | 2015-07-22 23:25 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

サクっと読みたい

近頃はサクっと読みやすい本しか読みきれなくなってきたわ。


c0150269_12153511.jpg

『ドミトリーともきんす』 高野文子 著 ☆☆☆

【内容】
不思議な学生寮「ともきんす」。お二階には寮生さんが4人。

朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹……
テーマは科学者たちの言葉―高野文子最新コミックス!

高野文子が新作のテーマに選んだのは「科学者たちの言葉」でした。
日本の優れた科学者たちが残した文章を、なぜいま読み返すのか。
その意義を、架空の学生寮を舞台に、
「科学する人たち」と一組の母娘の交流を通じて丁寧に描いていきます。

* * * * * * * * * * * * * * *

ほぅ~、こういう切り口があるのか~。
高野さんの素朴な絵がまたいいんだよな~。
沢山の科学者が紹介されてましたが
中でも雪の結晶を研究し続けた中谷宇吉郎先生に興味を持ったわ。


=======================================================


人気作家、西 加奈子さんの本2冊。

c0150269_1254361.jpg


『きりこについて』 ☆☆☆
【内容】
小学校の体育館裏で、きりこが見つけた黒猫ラムセス2世はとても賢くて、
大きくなるにつれ人の言葉を覚えていった。
両親の愛情を浴びて育ったきりこだったけれど、
5年生の時、好きな男の子に「ぶす」と言われ、強いショックを受ける。
悩んで引きこもる日々。
やがて、きりこはラムセス2世に励まされ、外に出る決心をする。
きりこが見つけた世の中でいちばん大切なこととは?

『漁港の肉子ちゃん』 ☆☆☆
【内容】
男にだまされた母・肉子ちゃんと一緒に、流れ着いた北の町。
肉子ちゃんは漁港の焼肉屋で働いている。
太っていて不細工で、明るい―キクりんは、
そんなお母さんが最近少し恥ずかしい。
ちゃんとした大人なんて一人もいない。
それでもみんな生きている。
港町に生きる肉子ちゃん母娘と人々の息づかいを活き活きと描き、
そっと勇気をくれる傑作。

* * * * * * * * * * * * * * *

なるほど!!!人気あるのも頷ける。
この著者の本は読後、元気になるね。(2冊しか読んでないけど…)

人生応援歌ならぬ応援本。
「アンタはアンタでいいんだよ!」と
バンッと背中を叩いてくれると言うか…。
セラピー的な要素もあるね。


=======================================================


c0150269_1225850.jpg

『オカマだけどOLやってます。完全版』 能町 みね子 著 ☆☆☆

【内容】
能町みね子、2×歳。
都内の某会社でOLとして働き始めて3年、
実はまだ「チン子」がついています。
会社の人は誰もそのことを知りません…。
オトコ時代について、恋愛のお話、ドキドキOL生活など、
大人気脱力系イラストエッセイ本
『オカマだけどOLやってます。』シリーズを再構成し、
一冊にまとめた完全版。

* * * * * * * * * * * * * * *

いやぁ知らなかった…。
この方がモトは男性だったなんて…。
テレビで拝見するかぎり、どこをどう見ても女性なんだけど!

しかも学歴がスゴイ!東大卒!!!

サラッと自然体でありながらなかなか波瀾な生き方ですね。

ネクタイするのが嫌で(男性のシンボルだもんね~)
ネクタイせずにすむ美容師になろうと画策する筆者。
「大学やめて専門学校に行こうかなぁ」と打ち明けた時の
親御さんのズッコケぶりに、失礼ながら笑えました。
天下の東大ですからね~、そりゃ大ショックですよ!!!
[PR]
by namihei-dobryden | 2015-07-16 23:11 | 読書☆道楽 | Comments(3)