<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アートアクアリウム城

c0150269_12181765.jpg

友達に誘われて、先日まで二条城で開催されてた
「アートアクアリウム」に行って来ました。
正直、この手のアートは嫌いなんで二の足踏んでたんですが
「日本酒が飲める」って言う文句につられ
一度くらい見とこうかと思い行ってきました。


c0150269_12433056.jpg

日暮れに二条城に到着。
すっごい大行列に一瞬うなだれましたが、意外とスムーズに進みました。


c0150269_12434738.jpg

並んでる間にすっかり夜に…。ライトアップされて輝いてます!

以下、会場内の写真です。
普段は入れない所らしいんですが、
照明が水槽の明かりだけなので建造物が全く見えなかったのが残念な所。
c0150269_1244831.jpg

c0150269_12451326.jpg

c0150269_12452956.jpg

c0150269_1245454.jpg

c0150269_1246025.jpg



c0150269_12483628.jpg

↑金魚もいいが、やはりコレ!
一通り金魚を見た後に用意されてる酒場スペース。
京都の酒蔵が出店してます。アテのツマミはやはり大安でした。
寒空のもと、熱燗をグイっと…。
やはり、私には金魚よりこちらがメインイベントでありました。
[PR]
by namihei-dobryden | 2015-12-16 21:48 | Art & Design | Comments(0)

田舎へ

c0150269_11533033.jpg

久しぶりに愛媛の田舎に帰ってきました。
ちょうど蜜柑の収穫時期のピークでした。


c0150269_1156383.jpg

用事を終えた帰路の途中、寄ってみました「道後温泉」。
小さくて可愛い駅でしたね。


c0150269_1473886.jpg

駅前にそびえ立つ、坊ちゃんカラクリ時計。
坊ちゃんの登場人物たちの人形がワラワラ出て来ます。


c0150269_11535732.jpg

商店街を抜けると・・・でで~~んと道後温泉本館登場!
蜷川実花さんとコラボってて
派手派手バージョンの外観となっておりました。

c0150269_11541788.jpg

今度、いつ来れるか分からないから
「神の湯」と「霊の湯」両方入りました。最高っす。


c0150269_11544144.jpg

本館前には坊っちゃんの登場人物たちが!
“うらなりくん”の肩をすぼめた立ち方が
いかにも気の弱い彼の性格を反映しててツボでした。(写真一番右)


c0150269_148342.jpg

時間があったので松山城にも行ってみました。
こじんまりとした良い城です。
天守閣にのぼるのに姫路城ほどの体力がいらないのが嬉しいかぎり。
城は高台にあるので、松山の街を一望できます。
c0150269_148944.jpg

c0150269_1482088.jpg



c0150269_1485368.jpg

この田舎めぐりで残念だった事が一つ。
よく出来たセットじゃないの?って思うくらいの
歴史を感じずにはいられない銭湯「大正湯」。
入るの楽しみにしてたんですが、
なんと長期のお休みだったんです!
(内部の工事してるらしい)
く~~~、無念。


法事や親戚宅めぐりなど
イロイロばたばたとした3泊4日でしたが、
懐かしい人にも会えて有意義な時間でした。

あ~、大正湯入りたかった…。
[PR]
by namihei-dobryden | 2015-12-15 12:27 | Comments(0)

裁かれるは善人のみ

c0150269_12212650.jpg

『裁かれるは善人のみ』 2014年ロシア ☆☆☆☆

【内容】
「父、帰る」のアンドレイ・ズビャギンツェフが
ロシア北部の小さな町を舞台に
市井の人々と権力を振りかざす行政の対立を描いた人間ドラマ

* * * * * * * * * * * * * * 

テアトル梅田にて鑑賞。


タイトルのまんまじゃん!!!
悪人は最後まで金と権力で悪事を抑え込み
何一つ罰せられずにのうのうと生きていく。
とは対照的に主人公一家はなんだか散々な目に合うんだけと
この一家が100%善人とは言い切れず
むしろ自分達が惨事を呼び込んでる様な行いがしばしば…。

途中、昼ドラみたいな恋愛のドロドロ劇もあり
それはお愛嬌か。

この監督の「父、帰る」も面白かったんだよな~。

いやぁ~、新作が公開されたら
必ず観に行こうと思う監督が一人増えたな。

そういやこの映画、ロシアの体制を批判してる所が多々あり、
監督は本国で身の危険はないのかと心配にもなりましたよ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2015-12-07 22:23 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)