歓びのトスカーナ

c0150269_17281411.jpg

歓びのトスカーナ』  2016年 イタリア・フランス合作 ☆☆

【内容】
緑あふれるトスカーナを舞台に
診療施設を抜け出して
行き当たりばったりの旅に出た二人の女性が
次第に友情で結ばれていく姿を描いた人間賛歌の物語。

* * * * * * * * * * * * *

シネリーブルにて鑑賞。

この監督の前作「人間の値打ち」が面白かったので
新作も見に行って来ました。

それにしても、今年はバレリア・ブルーニ・テデキスづいてるわ〜。
彼女の出演映画を立て続けに見ております。
べっぴんさんじゃないけど、な〜んか魅力あるんですよね〜。

で、感想ですが
二人の女性の友情育み物語な訳ですが
なんか、その育まれてゆく過程がすっごいあっさりしてた様な・・・。

えっっっ!!!
いつの間にそんな仲に!?て思っちゃいました。

今作もテデキスさんはパワー全開です。
精神を患っている役なんですが
もう憑依しちゃってて凄みがありすぎました。

今後もテデキスさんを要チェックして行こうと思いました。




[PR]
# by namihei-dobryden | 2017-07-30 17:51 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(0)

池田学展

c0150269_13292808.jpg
金沢21世紀美術館で開催された『池田学展』に行って来ました。



c0150269_13292548.jpg

c0150269_14004078.jpg

この美術館に来るのは「ロン・ミュエック展」以来ですから、何と9年ぶり!!!
日本の美術館の中でも屈指の人気を誇る美術館ですね〜、今や。




池田さんの作品はこれまで書物で拝見しただけでしたので
是非とも、この目で直に見て見たい!!!と思ってたのです。
願いが叶いました。

いやぁ、当たり前の事ですが
リアル池田作品はスゴすぎる!!!
絵に近寄りすぎて、注意されてる人を多々見ましたが
分かります、分かりますよ!
ほんと、繊細なペンの動きに驚くばかりで
自然と体が前のめりになっちゃうんですよ!




技術はもちろんですが
イマジネーションの広がり方も素晴らしいのです!
国や時空を超えたその世界は
映画を見てるでした。


c0150269_14010908.jpg

今回は遅くまで美術館にいましたので
夕暮れの『光庭』を見るのは初めてでした。
人もまばらになり、落ち着いた雰囲気になっていいですね。




c0150269_14065196.jpg
21世紀美術館のすぐ近くの『漆の実』で “抹茶クリームぜんざい” を
いただきました。
今回、海鮮丼は食べ損ねたんですが、このぜんざいを食べて満足したのでした。


たまには遠出して展覧会を見に行くのって、やっぱり楽しいですね。






[PR]
# by namihei-dobryden | 2017-07-16 14:15 | Art & Design | Comments(0)

鈴木大拙館

c0150269_15164095.jpg

ずっと行きたかった鈴木大拙館に行って来ました。
仏教哲学者・鈴木大拙の思想に出会うにふさわしい静謐な建築は谷口吉生作です。


c0150269_15164444.jpg


一つ一つのサインが洗練されています。


c0150269_15164734.jpg

この静穏な廊下の途中、急に視界がひらけます。


c0150269_15165004.jpg

それは立派なクスノキがある中庭です。
この日は天気がよかったので、空の青と木の緑が目に眩しかったですね。


c0150269_15310560.jpg

ずっと来たかった理由は、この「水鏡の庭」を体感したかったからです。


c0150269_15310827.jpg

水鏡の庭には「思索空間」があります。(↑写真右手の白い建物)


c0150269_15311210.jpg

白い壁に水の陰影が映ってキレイです。


c0150269_15382529.jpg
c0150269_15382740.jpg

思索空間から水鏡の庭を眺めながら、
大拙の言葉を塾考するもよし
日頃の生活を見つめ直すもよし・・・

時間があれば何時間でも居たかった空間でした。

読破できる自信はありませんが
一度、鈴木氏の本を読んでみようかな・・・と思っております。






[PR]
# by namihei-dobryden | 2017-07-09 22:08 | Art & Design | Comments(2)

吉田山大茶会

c0150269_11450162.jpg
ちょいと前になりますが、吉田神社で開かれた
「お茶会」に行って来ました。
ここに来るのは初めてです。

数年前までは、大山崎山荘で開かれてた茶会に
定期的に行ってたんですが
残念ながらなくなってしまったんですよね。
だから、久しぶりに行くお茶会にワクワクしながら向かいました。


c0150269_11450429.jpg

想像以上の賑わいでした!!!すごい活気です!!!


c0150269_11450714.jpg

↑こちらは韓国のお茶の席ですね。3人が全く同じ動きでお茶をいれていました。



c0150269_11451075.jpg

今回、「茶布」さんの席でお茶をいただきました。


c0150269_11451631.jpg
c0150269_11451944.jpg

↑今日のメニューです。「菓子 パイナプルケーキ」を見て、嬉しくなる私。



c0150269_11554389.jpg

お茶の説明を聴きながら、丁寧な所作を見ることができます。いい時間です。



c0150269_11554647.jpg

お茶が入りました。キレイな色です。
一煎目、二煎目とも美味しくいただきました。
鼻から抜ける茶の香りが何とも言えません。


c0150269_11554927.jpg

お手製のパイナップルケーキです。甘さ控えめで美味しかったです。
あ〜〜、久しぶりに台湾に行きたくなりました。


******************************


ココに来る前に、人気のお店に足を運びました。

c0150269_12032121.jpg

鯖寿司で有名な「満寿形屋」さんです。


c0150269_12032354.jpg

うどんと鯖寿司。最高の組み合わせです。

この日はいいものいっぱい食して、満足の一日でした。



[PR]
# by namihei-dobryden | 2017-07-01 12:06 | Comments(0)

雨の中の100m決勝

c0150269_13141159.jpg
長居スタジアムに「日本陸上選手権」を観に行きました。
この夏ロンドンで開催される「世界陸上」の選考大会とも言えますね。
※また、織田裕二さんと中井美穂さんを毎日観るのね〜。

もちろんこの日の一番の目当ては男子100m決勝です。
レース開始時刻は夜の8時30分過ぎですが
昼の2時30分から他の競技の決勝も目白押しなので
張り切って昼過ぎに行きました。

c0150269_13142057.jpg

ここに来るのは、2007年に開かれた「世界陸上大阪大会」以来!
なんと、ちょうど10年ぶり!!!

c0150269_13142160.jpg
野球場といい、競馬場といい
視界が広い場所は居るだけで気持ちがいいもんですね。
あいにくの曇りでしたが、観戦するには助かりました。
まぁ、ムシムシして暑かったんですがね・・・。


c0150269_13142213.jpg
世界陸上を観に来た時も思ったんですが、陸上観戦って結構忙しいんです。
あらゆる場所で、同時に競技してるのでトイレに行くタイミングが難しいのです。
↑の写真では手前はトラック競技
フィールド内の手前は砲丸投げ決勝
奥はやり投げ決勝をしてます。
写ってませんが、向こうのバックスタンド側では
走り幅跳びの決勝をしてたりします。
あ〜〜〜忙しい。


c0150269_13295148.jpg
レースを終え、疲れ切った選手たち。
電光掲示板を見上げて自分の順位とタイムを確認しているのでしょう。

この日は100m決勝と同じくらい、楽しみにしてた事がありました。
9年ぶりに200mの予選に参加したベテランの末續慎吾さん
3000m障害に出場するこれまた大ベテランの早狩 実紀さんを見る事です。
早狩さんはなんと44歳です!!44歳であの過酷な競技に参加するなんて
同世代として本当に尊敬します!

二人ともレースは残念な結果になりましたが
会場からは温かい拍手が贈られ、
とてもいいものを見せてもらったな〜って感じです。


そうこうしてる間に夜が更けて来たんですが・・・
何だか雲行きがあやしい・・・。
大丈夫かな〜と思ってたら
100m決勝を待ってたかの様に大雨が降って来ました!!

c0150269_13141977.jpg

あ〜〜〜〜〜〜〜〜、なんてこった〜〜〜。
目の前で、9秒台を見る気満々で来たんですが
この状況だと難しい感じ・・・。
こればっかりはしょうがないですが。。。

c0150269_13141936.jpg
↑雨の中、ウォーミングアップに出て来た
100m決勝に出場する選手たち。
この雨をどう乗り切るか、
気持ちの持ち様で結果が違って来そうです。

そして、そして、ついに決勝スタートです!!

c0150269_13141989.jpg
c0150269_13141854.jpg
↑ブレブレの写真ですが、スタート前の選手たち。
一番右が山縣選手。3人目が好調のサニブラウン選手
4人目が関西の星・多田選手。地元大阪とあって拍手が大きかったですね。
5人目が桐生選手。6人目がケンブリッジ選手
役者が揃いましたね。会場の空気が緊張に包まれる感じがありました。


c0150269_13142067.jpg
結果は、皆さんご存知の通り、
サニブラウン選手が1位に!!!
サニブラウン選手は後半の伸びがスゴイ!
ス〜〜〜っと伸びて来るんです。


c0150269_13142045.jpg

1位になったサニブラウン選手にカメラが寄ってますね。
9秒台は見れなかったけど、いいレースを見ることができて満足です!

c0150269_13142112.jpg
サニブラウン選手・多田選手・ケンブリッジ選手、
この夏の世界陸上での活躍、期待してます!
楽しみだな〜〜〜。




[PR]
# by namihei-dobryden | 2017-06-25 18:20 | Sports!! | Comments(0)

初めての通天閣!

c0150269_16142745.jpg
大阪で暮らして半世紀近く経ちますが
一度も登った事がなかった通天閣。
その昔、一度下まで来たのですが
あまりの行列で諦めて帰ったのでした。
いつでも来れる!と思うと簡単に諦めますね。

でもって
早い!時の過ぎるのは早過ぎる!
いつでも来れる!から20年経ちました。

この日は天気が悪く、午前中もグズグズしてたので
混雑してないハズ!と思って向かったんですが
やはり空いてました。ラッキー。


c0150269_16240632.jpg
お〜〜、コレが有名なビリケンさんですか〜〜〜。
なかなか立派な祭壇!?に鎮座してらっしゃいました。



c0150269_16211005.jpg
眼下には、天王寺動物園。目の前にはハルカスです。



c0150269_16224561.jpg
遠くのビルの谷間に大坂城が見えました。↑分かりますかね?


c0150269_16273086.jpg
通天閣を後にして「てんしば」に行きました。
恥ずかしながら、私はこの日まで
「てんしば」の存在を知りませんでした。
いつの間にこんな事になったんでしょうか・・・。
猥雑な空気が漂っていた天王寺は何処へ行ったのでしょうか?
オシャレな若い夫婦が小さい子供を連れて遊びに来る様な街になってました。


c0150269_16334205.jpg
道の駅じゃないですが、美味しい物を沢山売ってる市場もありました。
思いがけなくいろんなもの買っちゃいましたヨ。


この日は久しぶりに天王寺を堪能しましたね。
通天閣界隈も昔は怖い雰囲気がありましたが
今は全くありませんね。
いい事なんでしょうが、何だか淋しい気もします。


c0150269_16394502.jpg
あ、通天閣で500円出して頂上部まで登ったら
この↑カレーをくれました。
ちょっと、嬉しかったです。





[PR]
# by namihei-dobryden | 2017-06-11 16:42 | 寄り道 | Comments(0)

技を極める 〜 ヴァン クリーフ&アーペル


c0150269_16381181.jpg
京都国立近代美術館へ
『技を極める ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸』展
を見に行って来ました。(長いな〜タイトル117.png
今月は、何かと京都に出向きましたね、そう言えば・・・。

普段、アクセサリーなんて興味ないんですが
ハイレベルなジュエリーには関心があります。
キレイなものを見て心の癒しを求めに行きました。

c0150269_17091072.jpg
c0150269_17091064.jpg



想像以上の大混雑でした。特に一つ目の部屋は大渋滞です。
先に比較的見やすい部屋を見学し
最後にまた一つ目の部屋に戻ってきたんですが、状況変わらず153.png

ここは背を高いのを活かし『遠くから観る』事にしました。

c0150269_16475776.jpg
もうね〜〜〜、美しすぎますよ、全て177.png芸術品です。
こんなの身につけちゃ、緊張して一歩も動けないでしょう。

c0150269_16501651.jpg
職人の作業場が再現されてました。
↑見てください!あの煌びやかな世界とは全く違う
素朴で地味な馴染み深いこの空間!これぞ職人の世界です。
カッコいいですね。

c0150269_17090915.jpg

京都国立近代美術館といえばこの景色ですね。
迫力ある鳥居を間近で観る事ができます。
向かいの京都市美術館は現在工事中です。
どの様に生まれ変わるのか楽しみですね。

同時開催していた
『戦後ドイツの映画ポスター』展も
駆け足ですが観れて良かったです。

c0150269_17091121.jpg

この記事の写真、キタなくてすみません148.png





[PR]
# by namihei-dobryden | 2017-05-28 17:04 | Art & Design | Comments(0)

京都鉄道博物館

c0150269_15440229.jpg

GWに京都鉄道博物館に行ってまいりました。
オープンしてからずっとずっと行く機会を伺ってたんですが
タイミングが合わず、結局めちゃくちゃ混んでるであろう
GWに行くことになったのです。
どうなることかと思いました117.png

c0150269_15443868.jpg
確かに、すごい人・人・人でしたが
京都鉄道博物館は広いので、窮屈感を感じませんでした。
展示方法も洗練されてます。
大阪にあった時は
『チョ〜〜、鉄道オタクの部屋に遊びに来た』
感があったんですが、京都はその名の通り『博物館』でしたね。
もちろん、大阪時代のごちゃごちゃした感じも好きでした。

やはり、初代新幹線0系はいつ見ても可愛いですね113.png

c0150269_15512193.jpg
この日、唯一GW感を感じたのがこの↑ジオラマ室です。
ココは大混雑です!待った、待った、待ちました148.png・・・立ったまま。
待った甲斐があったかどうか・・・、
ん〜・・・『あった』と言う事にしましょう!108.png
(ゆっくり座って見れた方はいいですよね〜)

c0150269_15583401.jpg

c0150269_15584413.jpg
扇型の車庫は、リアルトーマスみたいでカッコよかったですね。
黒光りした、機関車たちが整然と並んでる様は圧巻です。


で、この京都鉄道博物館、個人的な一番の見所はスカイテラスです!

c0150269_15585006.jpg
スカイテラスからは「京都駅へ出入りする電車を眺める事ができます。
リアルジオラマです110.png
コレがめっちゃ楽しいのです!ずっと見てられます!
ココでお弁当持参して日がな一日過ごすのも悪くない。

新幹線の京都駅が上にあるので、
ちょっとゆるくカーブしながら
上って行く(下りてくる)新幹線がイイんですよ。

どの展示室よりも一番楽しかったりします127.png
(個人的意見ですよ、あくまで・・・)


c0150269_16135800.jpg
帰りに、鉄道博物館の横にある『朱雀の庭』↑に寄ってみました。
すっごくキレイな庭でビックリしました150.png
こちらのお庭、紅葉が美しいらしので(ライトアップもあるらしい)
また、秋に訪れたいな〜と思いました。



[PR]
# by namihei-dobryden | 2017-05-28 16:17 | Art & Design | Comments(0)