土と炎の詩人、河井寛次郎


c0150269_1854821.jpg


先日、京都にある陶芸家・河井寛次郎記念館に行って来た。
その才能は陶芸だけに留まらず、彫刻・デザイン・書・詩・詞・随筆etc.
あらゆる分野で優れた作品を残している、今で言うマルチアーティストだ。

c0150269_18115525.jpg


趣きある外観にわくわく!引き戸を開ければそこは別世界だった。
この場所は、寛次郎が作品を創作した場所でもあり生活した場所でもある。
(置かれてるほとんどの物が寛次郎デザイン。椅子や机、家具atc)

c0150269_18135921.jpg


なんだろう、このほっこり安らぐ感じは・・・。
郷愁だけではなく、寛次郎の物を愛する心が感じられる。

c0150269_18481434.jpg


居間の椅子に腰をおろして思った事は
『あ〜〜、ココは京都で一番好きな場所になる』。

c0150269_18584012.jpg


中庭も静かで上品。
それにしても外観からは想像できないくらい中は広い。

c0150269_1903997.jpg


寛次郎デザイン、真鍮のパイプ。いや〜かっこいい!

そしてそして、数々の作品が置かれてる展示室を抜けると
そこには、巨大な窯が待っていた!!!!!!
階段状になってる『登り窯』だ!

c0150269_1905324.jpg


この巨大窯は圧巻だった!
手前から2番目の部屋で、名作が生まれる事が多かったらしい。

いやぁ、久しぶりに心の充実を覚えた1日。
あ〜〜〜、帰りたくなかったよ〜ほんと。
是非、多くの人に実際に行ってあの空間を体感してほしい。

あ〜〜、満足。心がギスギスしたらまた行こう〜。

※居間から2階へ上がる階段の脇にある“手すり”が素晴らしい!
 あんな、持ち心地のいい“手すり”は他にない!
 (写真、うまく撮れず(-_-;)・・・残念。)

c0150269_18474777.jpg

                  ほっこり。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-12-14 18:49 | Art & Design | Comments(2)
Commented by designer-h at 2008-12-15 05:14 x
へ~。こんなとこあるんですね。うらやましいな。日本、京都いいですね~。すきです。2番目の釜から名作が生まれやすいってのが、なんだかいいですよね。そこには神が住み付いてるんですかね。そこにいって空気を温度を感じてみたいとおもいました。 あと、ハングル検定おめでとうでです!!!!
Commented by namihei-dobryden at 2008-12-15 20:47
実は私も最近知ったのね〜、この記念館の存在(-_-;)
4年間京都に住んでた事あるのに
若かったから!?日本家屋とか仏像とかにも全く興味なく。。。
一体、京都の何に触れてたんだ・・・・・!?と今さら後悔・・・。
当時の方がアンテナは敏感だったろうに、惜しい・・・。

>そこには神が住み付いてる
うん。いらっしゃいますよ〜〜〜、確実に!土と炎の神が!!

外国の方も結構いらっしゃってるみたい。
寺や神社ばっかり行ってないで、こういう場所も見て欲しいわネ〜。

>ハングル検定おめでとうでです!
ありがとうございます。
designer-hさんからしたら、ゆるゆる試験だけど
私にとっては新鮮なのよ〜〜〜。
<< ♪Avant 4択の女王!?(ちょっと天狗編) >>