日本映画の金字塔 七人の侍

c0150269_142334.jpg『七人の侍』
1954年 日本
☆☆☆☆

【内容】
戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士に立ち向かうべく農民に雇われた侍たちの闘いを描いた作品。黒澤明監督による日本映画の傑作。麦の刈入れが終わる頃。とある農村では野武士たちの襲来を前に恐怖におののいていた。百姓だけで闘っても勝ち目はないが、麦を盗られれば飢え死にしてしまう。百姓たちは野盗から村を守るため侍を雇うことを決断する。やがて、百姓たちは食べるのもままならない浪人たち7人を見つけ出し、彼らとともに野武士に対抗すべく立ち上がる……。

* * * * * * * * * * * * * * *

やっと見た!面白かったな〜。

後半の野武士との戦いのシーンが見せ場なんだろうけど
前半の一人、二人と仲間が増えていき
だんだん組織が形成されていく行程の方が私は好きだな。

※七人の侍の中で一番お気に入りだった人が
 一番最初に死んじゃったのはショックだった(-_-;)
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-02-14 01:07 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(4)
Commented by erimekko at 2009-02-14 15:02 x
私も大好きな映画です。
はじめの侍を増やしていくくだりのおもしろさ分かります!
それぞれのキャラクターを最初の出会いで頭にインプットさせる演出力はさすが☆
黒澤映画って映像はもちろん脚本もすごい緻密なんで物事の過程がすごいおもしろくて何度観ても楽しめますよね
Commented by namihei-dobryden at 2009-02-15 15:39
もっと早く見れば良かったわ〜。
最初、台詞が聞き取りにくくて(特に農民の)
ん〜〜、字幕が欲しい!と思っちゃたんだけど・・・
進む内にどんどん話にのめり込んじゃって
そんなの関係なくなってきたヨ。

志村喬さんの上半身がぶれない軽快な走り方も好きだわ〜。
ちょっと困った時に頭をなでる仕種も好きだわ〜。
鉄砲の事を“種子島に気をつけろ!”ってのも良かった。

“生きる”も観なきゃね!!
Commented by へなちょこセイジン at 2009-02-17 01:47 x
おお〜、見ましたか〜。私も志村さんの走り方が好きでした。あれは、昔の武士の走り方なんでしょうか?
Commented by namihei-dobryden at 2009-02-17 12:27
あ〜〜、あ〜〜いう風に走れ!!って教わってる可能性はありますよね。背筋が伸びて、小気味いいですよね。
三船氏もあんなにアッサリ死ぬんですね〜〜。
てかみんな死に対してイサギいい。侍魂とはそういう事でしょうか...。
<< うどん部が行く〜清元編 浜辺の女 >>