カッコーの巣の上で

c0150269_12573279.jpg『カッコーの巣の上で』
1975年 アメリカ ☆☆☆

【内容】
刑務所の強制労働から逃れるため精神異常を装ってオレゴン州立精神病院に入ったマクマーフィは、そこで行われている管理体制に反発を感じる。彼は絶対権力を誇る婦長ラチェッドと対立しながら、入院患者たちの中に生きる気力を与えていくが…。60年代の精神病院を舞台に、体制の中で抗う男の姿を通して人間の尊厳と社会の不条理を問うK・キージーのベストセラーを、チェコから亡命してきたM・フォアマンが映画化した人間ドラマ。

* * * * * * * * * * * * * * * 

くく・・くっっっっら−−−−−いぃ・・・

しんどい・・・。

ロボトミー手術って昔は画期的な事だったのかも知んないけど
現代から観たら、あきらかに人権を無視した手術だ。

終わり方がいいですね、希望が持てて。

ジャック・ニコルソンはやっぱりすごいよ。
[PR]
by namihei-dobryden | 2009-03-13 12:57 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(2)
Commented by へなちょこセイジン at 2009-03-18 09:10 x
 この映画、私は未見です。そうですか、しんどいですか〜。多分名作だとはわかっているんですが、見たあとのダメージを想像して二の足踏んでます。見るの、も、もうちょっと後にしようかな〜。
Commented by namihei-dobryden at 2009-03-18 10:51
内容は重たいんですが、笑顔の多い映画なんですヨ〜実は・・・。
役者も全員いいです。精神病患者も看護士役の女の人も。
LAST5分は秀逸です。まぁ、かなり確信犯的ですが・・・
いつか、是非!!
<< 早起きして良かった(ToT) み〜あ〜〜げて〜ごらん〜〜♪ >>