人気ブログランキング |

束芋−断面の世代

c0150269_12485413.jpg

めっちゃめっちゃ久しぶりに束芋さんの作品を見に国際美術館に出掛けた。
キリンプラザで「日本の台所」を見て以来だ!もう10年くらい経つかな・・・。
その間、こんなに沢山の作品を創ってたとは知らなかった!!

c0150269_1249577.jpg

↑天井の大型スクリーンに映され、客は床に寝そべって鑑賞する。
団地の断面から家具などの生活用品がガラガラと落ちてくる。
仰ぎ観る場所によっては降って来るって感覚になる。

c0150269_12492440.jpg

↑俯瞰から観た断面。
団地の天井を全て取り除いていろんな家庭の生活を覗き見る感覚になる。
その部屋、その部屋でそれぞれのストーリーが展開される。

c0150269_12494682.jpg

↑これは良かった。今回観た映像作品では一番好き。
女性の黒髪が“ゆらっ、ゆらっ”と右に左に揺れる様が
ただならに事が起きる様な予感を煽るんだよな。
髪の隙間からいろいろなモチーフが登場し、ドラマが始まる。

c0150269_12495618.jpg

↑足下に映像が投影されるから、
自分もその作品の中に入ったみたいな感覚になる。
個の解放を表現してるとの事だが、命の誕生みたいな印象を受けた。
この作品は、子どもは喜んで観てた。

個人的には、映像作品より新聞小説「悪人」のために描いた挿絵原画が良かった!
正直、ここまで画力がある人とは思ってなかったのでビックリした。
原画を鑑賞してる間、不条理で理解不可能な夢を見てる気分になった!
これが何だか心地良かったんだな。
もちろん映像作品も見応えあって良かったけどね。

来年は束芋さん、ベェネチアビエンナーレに日本代表で参加する事が決定!
頑張って欲しい!
by namihei-dobryden | 2010-08-05 12:50 | Art & Design | Comments(0)
<< 精神 スコーン >>