再会の食卓

c0150269_1253482.jpg

『再会の食卓』
2010年 中国 ★★★

【内容】
40数年ぶりに台湾から上海に戻ってきたイェンションだったが、
生き別れた妻ユィアー(リサ・ルー)には別の家庭があった。
「台湾で一緒に暮らしたい」というイェンションの申し出に、
心を揺り動かされるユィアー。
家族たちがさまざまな反応を見せる中、ユィアーはある決断をする。

* * * * * * * * * * * * * * 

もっと重たい映画だと思ってたけど
まるでコントの様に話がすすむ!すすむ!
かなり重大な事を、もう決断しちゃったの???と
ツッコミたくなるシーンも度々。
タイトル通り食卓シーンも多く
空腹時に観るのは酷。

この作品はベテラン俳優たちの好演に尽きる。
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-03-05 21:31 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(2)
Commented by へなちょこセイジン at 2011-03-09 01:57 x
 この映画を、早速見にいかれるとは、、、。着眼点がさすがです。この映画は、中国版「ひまわり」かな〜と私は思ってましたが。「ぐいぐいストーリーが進む」とは、以外でした。中国・台湾・香港と、中華系映画の食事シーンは奥深いですよね(もちろん、韓国・日本の食事シーンもお国柄がすんごく出てて、おもしろいです)。「おがずをご飯に載せ合う」シーンはありましたか? テレビ放映したら、ぜひ見たいです。
Commented by namihei-dobryden at 2011-03-16 12:36
「ひまわり」と言えば超男前のマストロヤンニですね!
残念ながら見た事ないんです〜。

>「ぐいぐいストーリーが進む」とは、以外でした。
はい。めっちゃテンポいいです。単館系の中国映画って眠くなりがちですが!?大丈夫です。何せ食事のシーンで目が覚めます!美味しそうだから!!

>おがずをご飯に載せ合う」シーンはありましたか? 
ごはんに直接はのっけてなかったと思いますが
食べろ!食べろ!とゴリオシ満開ですヨ!(笑)
<< ホルモン シリアスマン >>