世界制作の方法

c0150269_1251576.jpg

『世界制作の方法』展に行って来た。
これがなかなか面白かった。
作家全員が私と同じ70年代生まれという事もあり
より興味を持ってみる事ができた。

c0150269_12514744.jpg

人気者のパラモデルの作品。
既存のプラレールを使って、こんなに有機的な表情が出せるのかと感心した。
実際に電車が走ったら楽しいだろうな〜。

c0150269_12513687.jpg

今回一番グッときたのがこの作品↑。
光源である鉄道模型が動くことで、ものの影が壁や天井に投影されるという、
原理的にはとてもシンプルな作品
あ〜全然スチールじゃ良さが伝わらないね〜。(あたりまえか・・・)



う〜〜ん。動画でも厳しい!!
やはり直接体感すべし!
静かで感傷的な旅ができます!
[PR]
by namihei-dobryden | 2011-10-31 12:37 | Art & Design | Comments(2)
Commented by へなちょこセイジン at 2011-11-24 10:51 x
先日の「日曜美術館」アートシーンのコーナーで、この展覧会が紹介されてました。おもしろそうですね。いいな〜。関東にはこないようで残念です。
Commented by namihei-dobryden at 2011-11-29 14:40
お!そうなんですね!!見逃しました〜。
最近、国際美術館ちょっとエエ感じの企画が多いんですよね。
学芸員が変わったんですかね〜。
来年早々には草間彌生展もあるし、楽しみです!!
微妙に活気があります(笑)

<< 朝から ほぉ〜、こんな味か・・・ >>