最近の2冊

c0150269_15594958.jpg

『高校野球を100倍楽しむ ブラバン甲子園大研究』  
梅津 有希子 著 ☆☆☆☆

【内容】
高校野球が100倍面白くなる
世界初の甲子園「ブラバン応援」研究本!

ブラバン応援の魅力にとりつかれ
応援を聴くためだけに球場に通うマニアに。
さまざまな高校のブラバンをたずね歩き、
その人脈をもとに名門高校の顧問の先生やOBに直接取材を重ねてきました。

天理、PL、習志野、紅陵などの定番応援曲の隠された秘密から、
有名校ブラバン顧問対談まで、
トリビア満載&マニア垂涎の一冊。
甲子園の観戦に必携の書です!

* * * * * * * * * * *

そうそうそうなのよ〜〜〜。
ここ数年、何回か甲子園へ足を運んだんだけど
思ってたのよね〜〜〜
『ブラスバンドの演奏がカッコイイ!!』と!

よくよく考えれば、甲子園常連校には
合奏の全国大会で金賞を獲る学校が多いんだと気づく。

拓大紅陵の「チャンス紅陵」 
習志野の「レッツゴーならしの」
甲子園で聴きたいわ〜〜〜。

========================

c0150269_1602055.jpg

『ツバキ文具店』  
小川 糸 著 ☆☆☆☆

【内容】
小さな古い文房具屋さん「ツバキ文具店」。
店先では、主人の鳩子が、手紙の代書を請け負います。
ラブレター、絶縁状、天国からの手紙…。
鎌倉で代書屋を営む鳩子の元には、
今日も風変わりな依頼が舞い込む。
伝えられなかった大切な人への想い。
あなたに代わって、お届けします。

* * * * * * * * * * *

めっちゃ良い本です。
『丁寧』って言葉が似合います、この小説。
主人公の所作・会話のひとつひとつが
小津映画じゃないけど、な〜んか美しい。

基本、善人しか出てこない小説って
物足りなさを感じますが
まぁ〜、心がささくれなくていいかもしんないです。
[PR]
by namihei-dobryden | 2016-11-06 18:38 | 読書☆道楽 | Comments(0)
<< 人間の値打ち 「CORRECTION」 ... >>