BABEL




もう終わってしまいましたが国立国際美術館に
ブリューゲル『バベルの塔』展を見て来ました。
そんなに興味なかったんですが
ここで見とかないと、一生見ることもなかろう・・・と思い
最終日の前日に駆け込みました。

行って良かった!
主役のバベルは置いといて!?
ヒエロニムス・ボスの『モンスターシリーズ』が面白かったのです!
奇怪でありながらユーモラス!
画力が優ってるからこそ完成する世界ですよ。

数あるモンスターの中の一つ『タラ夫』が
今回の展覧会のマスコットでした。

c0150269_16251182.jpg
↑二足歩行の魚『タラ夫』のオブジェです。キモ可愛い!?


さてさて、主役の『バベル』ですが
小さい作品だとは分かっていましたが
思ってたより小さかった!!

本物が目の前にあるのに
近くの、拡大コピーしてる解説ボードを凝視するという
格好になってしまいました153.png

解説を読んでると、面白いんですが
どうしてこの作品がココまで人気があるのかなぁ〜
なんて思いながら会場を後にしました。

c0150269_16385459.jpg
若干、不完全燃焼ながら
しっかり『バベル キャラメル』買っちゃいました。

私のこの日の収穫は、ブリューゲルじゃなくて、ボスでした104.png

c0150269_16301704.jpg


[PR]
by namihei-dobryden | 2017-11-05 16:45 | Art & Design | Comments(2)
Commented by へなちょこセイジン at 2017-12-13 09:41 x
 いいですよね〜ボス。私も短大時代に初めて遭遇して、衝撃を受けました(ブリューゲルのレポートを書くのに資料を読んでいて、ボスを知りました)。
 この展覧会、私は行こうかどうしようか迷いましたが、結局やめました。多くのブリューゲル作品を見たい気分なのに、思ったよりブリューゲル作品が少なかったので。
 ですので来年開催される「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」に行きます。(東京の他に、愛知・北海道・広島・福島で開催予定)早割前売り券、買いました。
Commented by namihei-dobryden at 2017-12-24 14:16
いつもコメントありがとうございます。
とんとマックを立ち上げないので、返事が遅くなりました。

ボスの絵は面白かったですねぇ。
この辺りの作家の方々にはもともとあまり興味なかったんですけど、ボスさんのおかげで、
行って損はなかったかな・・・って感じでしょうか。

また来年ブリューゲル展あるんですか!?
ブリューゲルって私が思ってる以上に人気あるんですね〜〜。
<< 第69回 正倉院展 台北☆グルメ >>