希望のかなた

c0150269_17175718.jpg
『希望のかなた』  2017年 フィンランド ☆☆

【内容】

フィンランドの巨匠アキ・カウリスマキが監督と脚本を担当した、

『ル・アーヴルの靴みがき』に続く難民3部作の第2弾となる人間ドラマ。

生き別れた妹を捜すシリア人青年が

レストランオーナーたちと知り合い、絆を育んでいく様子を描く。





* * * * * * * * * * * * *


シネリーブルにて鑑賞。

やっぱり好き。カウリスマキの世界。
仏頂面のレストランの従業員たち。実は心優しい人達だった!
深刻なテーマを、カウリスマキらしいあったかい視線で描いていて
観終わった後の余韻が良い。

難民問題となると、東アジアに暮らす私には
遠くの方で起こってる大変な問題・・・
ぐらいしか思ってないのが正直な所。
難民申請した後、裁判にかけられ
国に返される事もあるのか!と初めて知りました。
北欧諸国は福祉が整ってるイメージがあるし
一度入国して来た者には、永住許可がおりるものと思ってた。

実際、映画の様に
市井の人々に救われてる難民も多いんだろうな。

劇中でかかる、
三浦洸一さんの『星をみつめて歩く街』がまた良い!
THE 昭和歌謡!なこの曲が
ヘルシンキの街に良く似合う!

今年はいっぱい映画を観るゾ!




[PR]
by namihei-dobryden | 2018-01-08 17:15 | 映画&ドラマ☆道楽 | Comments(1)
Commented by kouzenn at 2018-01-19 04:17 x
おぼえてますかー?
<< 鳥羽水族館 戌年がやって来た! >>