ルーマニア・マンホール生活者たちの記録

c0150269_12421754.jpg
『ルーマニア・マンホール生活者たちの記録』
早坂 隆著
☆☆☆☆

【内容】
チャウシェスク体制崩壊後のルーマニアでは、ストリートチルドレンの一部がマンホールでの生活を強いられていた。著者はマンホールに単身乗り込み、シンナーを吸ったり、結婚し、子どもまでつくっている生活の様子を取材した。弱者どうしのいがみあい、彼らをさらに追い立てる社会の非情さなどを浮き彫りにした傑作ルポルタージュ。

* * * * * * * * * * * * * * * *  

去年の元旦、EU加盟に湧くブカレストの街の映像をNEWSで見たけど、その裏にこんな現実があろうとは想像もしなかったな。共産主義だと一部の特権階級だけが甘い蜜を吸え、資本主義になったら強い者が増々いい目を見る・・・。結局、政治がどう変わろうと“弱い者は弱いまま”って言う現実があるんだな。独裁者チャウシェスクは公開処刑されたけど、いつか北の独裁者キムさんにもそんな日が来るかも・・・。
[PR]
by namihei-dobryden | 2008-03-19 12:51 | 読書☆道楽 | Comments(0)
<< ノーカントリー リスがお気に入り >>