人気ブログランキング |

2008年 03月 08日 ( 1 )

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

c0150269_0205810.jpg『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』
米原万里 著
☆☆☆☆☆+α

【内容】
1960年、小学校4年生の著者は、プラハのソビエト学校にいた。男の見極め方やセックスのことを教えてくれるのは、ギリシャ人のリッツァ。ルーマニア人のアーニャは、どうしようもない嘘つきだけど皆に愛されていて、クラス1の優等生はユーゴスラビア人のヤスミンカだ。30年後、激動する東欧で音信の途絶えた彼女たちと、ようやく再会を果たした著者が遭遇した真実とは—。

* * * * * * * * * * * * * * * * * 

なんて素敵な話しなんだ!胸を打つとはこういう時に使うんだな・・・。
沢山感想を書きたいんだけど、いろいろな想いが錯綜してまとまらない。
とにかく、この先何度も読み返すでしょう。
by namihei-dobryden | 2008-03-08 01:13 | 読書☆道楽 | Comments(2)