<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一休寺の紅葉


c0150269_14535271.jpg
c0150269_14535646.jpg


先週、一休寺へ紅葉を観に行って来ました。
ちょっと早いかな〜と思ったんですが、行ってしまいました。


c0150269_14550729.jpg
c0150269_14551666.jpg
c0150269_14552382.jpg


やはりちょっと早かったですかね。
赤い所はほんっとに真っ赤だったんですが
まだまだ、緑が多かったですね。


c0150269_14565440.jpg

こちらの庭はいつ来ても落ち着きますね。

c0150269_14570301.jpg

庭を眺めてた視線を上に向けますと
雲の形が印象的な秋空が広がってました。


c0150269_15001017.jpg

そしていつも通り、お茶屋さんで
一休寺ぜんざいをいただきました。
あ〜〜、日本の秋っていいですね〜〜〜。



[PR]
by namihei-dobryden | 2017-11-19 15:02 | 寺社めぐり | Comments(0)

第69回 正倉院展


c0150269_16565694.jpg

第69回 正倉院展に行って来ました。
祝日は夜8時まで開館してるので、遅くに入館する事にしました。

c0150269_17075556.jpg
c0150269_12425033.jpg


午後4時過ぎに奈良国立博物館に到着。
あ〜〜〜、遠目に見ても分かりました。人の行列が。。。
もう、何時に行っても並んでるって事ですね。

c0150269_17065336.jpg

30分待ちとありましたが、
行列はスイスイ進むのであまり苦になりませんでした。

が、スイスイ進むって事は
裏を返せば入場制限をかけていないと言う事です。
ですから、館内はえ〜〜〜〜〜らい混雑っぷりでした153.png

c0150269_17111559.jpg

ポスターになってる羊が描かれてる屏風が
最初の部屋にでで〜〜んとあるものだから
入ってもまっっっっったく動けない103.png
だから、順路は無視して
比較的見やすい所から攻めて行く事にしました。

私が一番気に入ったのは
チラシの裏面「正倉院展」の文字すぐ下にある
『玉尺八(ぎょくのしゃくはち)』。
なんと、大理石で作られた縦笛なのです!
何がスゴイって、竹に似せている所です!
節を作り、表面に縦の削り跡を残し竹の質感を表現してます。


c0150269_12324037.jpg

外に出たらすっかり夜。
で、奈良の街ってほんっと暗い!街灯、少なくないですか?
行くたびに思ってしまいます140.png
帰り道は、暗い興福寺の参道を通って五重の塔を見ました。

* * * * * * * *

今回二度目の正倉院展でしたが
改めて人の多さに驚愕しました!
人に揉まれながら観覧しても
満足して帰路につける・・・これが正倉院展ですね。

c0150269_12360888.jpg
くつろぐ鹿さん。可愛いですね。



[PR]
by namihei-dobryden | 2017-11-05 16:57 | Art & Design | Comments(0)

BABEL




もう終わってしまいましたが国立国際美術館に
ブリューゲル『バベルの塔』展を見て来ました。
そんなに興味なかったんですが
ここで見とかないと、一生見ることもなかろう・・・と思い
最終日の前日に駆け込みました。

行って良かった!
主役のバベルは置いといて!?
ヒエロニムス・ボスの『モンスターシリーズ』が面白かったのです!
奇怪でありながらユーモラス!
画力が優ってるからこそ完成する世界ですよ。

数あるモンスターの中の一つ『タラ夫』が
今回の展覧会のマスコットでした。

c0150269_16251182.jpg
↑二足歩行の魚『タラ夫』のオブジェです。キモ可愛い!?


さてさて、主役の『バベル』ですが
小さい作品だとは分かっていましたが
思ってたより小さかった!!

本物が目の前にあるのに
近くの、拡大コピーしてる解説ボードを凝視するという
格好になってしまいました153.png

解説を読んでると、面白いんですが
どうしてこの作品がココまで人気があるのかなぁ〜
なんて思いながら会場を後にしました。

c0150269_16385459.jpg
若干、不完全燃焼ながら
しっかり『バベル キャラメル』買っちゃいました。

私のこの日の収穫は、ブリューゲルじゃなくて、ボスでした104.png

c0150269_16301704.jpg


[PR]
by namihei-dobryden | 2017-11-05 16:45 | Art & Design | Comments(2)